DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



風に強い看板

2017年4月24日(月)風に強い看板

このA字型の看板を作って数年になりますが、これまでどんな

強風時にも倒れたことがありません。(雨の日はしまいます)

それは、下に置いた10キロの重りのおかげです。

毎朝一番でこの重りをもって看板を設置しています。夕方には

撤収します。

毎日のことなので、体調によって、重く感じたり軽く感じたりします。

これを健康管理の情報として活用しています。


P4190001風1番 


P4190002 風2番 


P4190003 重り0kiro 







576個のダボ切り

2017年4月14日(金)576個のダボ切り



今日は、224個のダボ切りをしました。前回までのを合わせると

576個切ったことになります。こんなに切ったのは初めてです。

三木の「カネジュン」のダボ切り鋸のおかげで、苦労なくこなす

ことができました。感謝を込めてお手入れをしました。

木くずとボンドがついた刃を、ぬれたウエスでふき取り、さらに

真鍮のワイヤーブラシで、細かい木くずを除去します。そのあとに、

刃物手入れ用の油を塗って保管します。


P4140002今日のダボ切り242個 



P4140005 鋸のお手入れ 





たかがネジ打ちされどネジ打ち

2017年4月13日(木)たかがネジ打ち、されどネジ打ち



工房では、この間、写真の格子組のパーツを36個作る作業に追わ

れています。すでに製品にして22個は納品しました。

(完成品の写真は注文されたお客様との関係でまだ公開できません)

インパクトドライバーでネジを打つのは、簡単なようですが、

正確に、大量に、短時間に行うのは、そう簡単ではありません。

工房では、接合する面がピッタリそろうように、すべての部分に

クランプをかけて、ずれないようにしています。

材が割れないように、下穴を開け、皿取りをしてねじを打ち

込んでいます。そのためには3種類のビットが必要です。

1台のドリルでビットを交換していたのでは能率が悪いので、

3台のドリルに3種類のビットをつけて作業を行っています。


P4130037 格子組組立中 


P4130038 ドリルビット③種 



丸鋸ガイド

2017年4月11日(火)丸鋸ガイド


工房で木材を正確にカットする時は、ほとんどテーブルソー

を使います。しかし、今回のように斜めにカットする場合は

丸鋸を使います。

作業台を切らないように、4本の専用の2×4材を下に置いて

切ります。材料によってはこの台を切りながら切断する

場合も多く有ります。

丸鋸ガイドは、5.5mm厚シナべニアに、アルミの角チャ

ンネル材を裏からビス止めした物を使います。

この丸鋸ガイドの裏側には滑り止めにサンドペーパーを

貼り付けてあります。単純な道具ですがあると便利です。

工房では、長さが違うものを4つ用意してあります。


P4110019 捨て板 



P4110021 置いた状態 


P4110023 丸鋸ガイド 


P4110024 切断中 


P4110026 裏面サンドペーパー 




P4110027 これだけ切った 




ダボ切り鋸

2017年4月10日(月)ダボ切り鋸




ネジの穴を塞ぐのに、ダボを使います。

ボンドをつけるのに綿棒を使っています。

埋めたダボを切るのに、ダボ切り専用の鋸を使います。

この鋸はアサリが無いので、材料に傷をつけることなくダボを

切ることができます。

ダボ切り鋸は数種類使っていますが、三木の「カネジュン」の

鋸が手持ちの中では一番良いと思っています。

鋸の刃の厚さが手元で0.65mm、先で0.33mmになっています。

日本の伝統的な鋸は、みなこのようになっています。

ダボを切るボンド混じりの木くずが刃に付着しますので、よく

ぬぐい、油をつけて保管します。

この「油壺」は20年以上使っていますが、あると便利です。

P4090003 綿棒で 


P4090004 カット中です。 


P4090005 手元で0.65 


P4090008 咲で0.33です。 


P4090009 のこ全体 


P4090012 油壺