FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



出前j授業

2012年2月2日(木)八潮市立八條小学校で
「発電の仕組みと原発事故」の出前授業



今日は、この学校で出前授業を行ってきました。

私が新卒で赴任した学校です。ここに12年いました。

(その後中学校に移りました)

思い出深い学校です。自宅から徒歩5分のところにあります。


①家庭科室に教具をセットしました。

001  全体 

② 手回し発電機で、簡単に電気を起こすことが出来る体験を

してもらいます。

 003 手回し

班に1台の手回し発電機と、握り式の発電機を用意してあります。

017.jpg 

「発電機を回せば簡単に電気が起きる」ということを体験し、

理解出来たら、「発電機は、磁石とコイルで出来たこんな簡単な

仕組みの物です
」と言うことを理解してもらうための教具が下の

写真です。 アナログ電流計の針が動き数ミリアンペア発電している

ことが確認出来ます。この電流計は、「秋月電子八潮店」で購入した

物です。

004  発電機 

次に風力発電を体験し・・・・・・・・・・・・・・・・・・
006 風力 


その次に水力発電を体験します。
030 水力 

新たな発見が二つありました。

①家庭科室のこの型の水栓は、この実験に適していること。

②子どもたちが自主的に水滴が飛び散るのを雑巾でガード

していること。。

これは次回から大いに参考になります。


この次に火力発電が登場します。

005 火力 

この教具で、次の事を理解してもらいます。

火力発電と言っても、火の力で発電機を回すことはできません。

チャッカマンの炎を発電機に当てて、回らないことを実演します。

火の力でお湯を沸かし、蒸気を作り、その力でタービンを回し、

その力で発電機が回って発電するという仕組みを理解してもらうのです。

この仕組みが分かっていないと、「原子力から直接電気が起きる」

という 誤解が起きてしまうのです。



火力発電の説明中です。

装置が小さいので、この時には子どもたちに前に出てきて

もらいます。

027 説明中 

発電所から送電線を通って、八條小学校に電気が点くという

教具です。

007 のびた 

どこの授業でも蒸気でタービンが回り電気が点くと拍手が起きます。

ここまでで1時間が終了です。


休み時間には子どもたちが教具の周りにやってきて、自由に体験

しています。この時間は子どもたちとコミュニケーションが出来ます。

039 休み時間 



2時間目は、原子力発電の仕組みと、原発の事故、

そして、放射能から身を守るにはどうすればよいかの

授業になります。


右が原子炉の断面模型、左が燃料集合体と制御棒です。

左端に半分見えているのが、原子炉建屋とタービン建屋です。

008 原子炉 


こちらは燃料被覆管でジルコニウムで出来ていることを説明する

ステンレスパイプです。これが溶けて水素を発生させたので、

水素爆発事故の説明に必要な教具です。

012 ジルコニウム 


原子炉の構造を説明するには、模型だけではカバーしきれない

ので、下のような図も使います。

002 黒板 


中央が線量計で、教室の空間線量を測定し、年間被曝量を電卓を

使って計算します。

左右にあるライトを、放射性物質と仮定し、光を放射線に見立て、

ベクレルとシーベルトの説明をします。外部被曝と内部被曝の

違いもこれで説明します。

009  線量計 

6年生3クラスを2時間続きで行いましたので、6時間授業に

なりました。授業を依頼されたK先生は、準備室にこのようなお茶の

セットを用意してくださいました。長丁場の授業なので大変助かりました。

お昼はK先生のクラスで子どもたちと一緒に給食をいただきました。

メニューはハヤシライスでした。


授業を終えて帰宅すると間もなく、授業を受けた4人の子どもたちが、

工房見学にやってきました。工房の近所の子どもたちです。

この授業をするまでは来たことがなかったのですが、顔見知りに

なったので、気軽に来れるようになったのでしょう。

これまでは、東京の小学校の出前授業を行っていましたが、

今回初めて地元の八潮の学校からのオハーがありましたので、

今後八潮市の学校からの要請が増えるのではないかと期待して

います。

※ このようなスタイルの出前授業をご希望の方は、

「メールフォーム」 寄りお問い合わせください。

学校だけでなく、地域の集会所で、大人を対象にした授業も

行っています。10人ぐらいの集会でも出かけて行きます。