FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



和鉄で刃物を作る会

 2012年1月27日(金)鍛錬場造り 壁工事


今日も千葉は寒い1日でした。

焚火にあたりながらの作業になりました。

024 焚火 


鍛錬上の屋根には雪が残っていました。

雨漏りが気になって見てみましたが、その形跡はありませんでした。

雪になる前に屋根工事を完了しておいたのが良かったです。

004 残雪 


星野さんが窓枠の寸法を計測中です

009 計測 


その寸法に私が丸のこでカットします。

007 鋸 

北側壁面に窓枠が出来ました。

左上は普通の窓で、右下は、ここから風が火床へ向かって流れます。

そうすると作業をする人の背中側から風が来るので、火の粉を

浴びなくて済みます。こういう点は松田刀匠から指示がでますので、

その通りに施工します。

011 窓枠


1番内側には耐火ボードを取りつけます。

取り付け方法も現場で考えます。施工図はありません。

ある材料を使って行います。

010 石膏ボード 

石膏ボードの上に中古のパーティクルボードを張りつけます。

左下部分が取り付けた状態です。

017 壁工事 


パーティクルボードを取り付け中です。

午後から安藤昭一さんが助っ人に来てくれました。

018 ボード張り 

このようになりました。今日はここまでですが、次回はこの上に

外壁板を張ります。

021 ボード完成 

内部の壁はこのように石膏ボードが見えている状態です。

022 耐火ボード 

本日の工事終了記念写真です。

左から、星野さん、川上、松田刀匠、安藤さんです。


020 記念写真 


レストラン マツダ


今日は寒いので母屋の中でランチタイムとなりました。

料亭のテーブルのように見えます。

食卓012 

寒い中での職人さんを気遣って、体が温まるようにと、

釜揚げウドンです。奥様ありがとうございました。

013 うどん 

そして、テンプラも付いています。

014 てんぷら 

食事をしながら、和鉄の話を刀匠からたくさん聞くことが出来ました。

耳学問のおかげで、和鉄のことがだんだん分かってきました。


鍛錬場造りは、作ることの楽しみと、耳学問の楽しみ、そして

奥様の手料理の楽しみと、三拍子そろっているので、贅沢な1日

になります。

2月は、17日(金)と24日(金)が作業日になります。

作業内容は壁造りです。ご都合のつく方はお出かけください。