FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



原発落語

2012年1月3日(火) 落語 「原子炉冷温停止のウソ」

毎度毎度本当にバカバカしいお話でお時間を

拝借いたします。

 

御隠居
 

どうしたい、与太郎さんじゃないかい。

うかない顔をしてるね。


与太郎

昨日ね、浅草で柳川鍋を食ったんですよ。そんときに、

ドジョウ屋の親爺がやたらに息巻いているんですよ。


御隠居

なんて言ってるんだね?その親爺は?

与太郎

「ドジョウが『冷温停止』とまたウソをついてる!!」

と言うんですよ。かなり怒っていることは確か

なんですが、ドジョウがそんなことを言うわけは

無いし・・・・何なんでしょうね?御隠居は

分かりますか?

 

御隠居

ドジョウと言うのは野田総理のことだよ。

あの人は首相になった時に自分のことをドジョウと

言ったんだよ。

与太郎

へー、またなんでドジョウなんです?

御隠居

受け狙いだな。自分はコイやタイなどの高級魚ではなく、

庶民的なドジョウなんです、というパフォーマンスを

やったわけよ。

与太郎

良く分かりませんね。

御隠居

困ったのは外国の報道機関だよ。ドジョウにあたる

言葉が無いんだな。日本にしか通じないようなことを

持ち出して、いかにも自慢げに言うところが、

世界を見ていない証拠だな。

与太郎

ドジョウ屋の親爺が、「あいつが首相になってから

ドジョウの売れ行きが悪くなった!」と言ってましたぜ。

御隠居

そうだろう。わしが、あの人が首相の内はドジョウを

くわないと、ネットで発言したところ、すぐに賛同者が

数十万人出たからな。

与太郎

そうなんですかい。ネットは影響力があるんですね。
 

ところで『冷温停止』ってのは、ドジョウの水槽の

温度が下がったということですかい?

それでドジョウ屋の親爺が怒っているとか・・・?

御隠居

そうではない。それは事故を起こした福島の原子炉が

『冷温停止』したと言っているのだ。

与太郎

そんなバカな!だって、あの原子炉は、

すぐにメルトダウンしてメルトスルーして、

燃料は無いんでしょう?

それがなんで冷温停止なんですかい。

御隠居

まさにその通りじゃ。政府と東電と大マスコミは、

とんでもないバカげたことを平気で言っておるのじゃ。

そもそも『冷温停止』と言うのは原子力発電における

テクニカルタームなのじゃよ。

与太郎

なんです、そのテクニ・・・と言うのは?

御隠居

いやすまない、君は横文字が苦手だったな。

つい教養があふれてしまって使ってしまった。

つまり原子力における学問的な技術用語で

きっちり概念が規定されている言葉なのじゃよ、

「原子炉冷温停止」というのは。

与太郎

どんなことなんですかい?

御隠居

「原子炉冷温停止」と言うのは、原子炉圧力容器が

健全で・・・つまり今のように壊れていない状態でだな、

燃料棒を冷やす水が規定の水位まであってじゃな、

それが循環して常に燃料が冷やされており、

水温が100度以下になっているということじゃ。

ついでに言っておくと、ウラン235という核燃料は、

核分裂反応が止まっても、自ら崩壊熱を出して

2800度にもなるのじゃ。

与太郎

なんで2800度にもなるんです?

御隠居

それは、そのような物理法則があるとしか

言いようがないな。太陽がなぜあんなに輝いているか

と言うと、それも核物理学の法則にしたがって

いるのじゃよ。わしの念力で輝いているのではない。

そこでじゃ、核燃料が入っている原子炉圧力容器は

厚さ16センチの鋼鉄でできておる。しかし、

鋼鉄は1500度で溶けてしまう。これも物理法則だ。

2800度の溶融核燃料が、1500度で溶けて

しまう圧力容器の底に落ち込んだのが・・・

与太郎

メルトダウン!

御隠居

その通り!すると圧力容器はどうなる?

与太郎

当然溶けますね。

御隠居

すると燃料は圧力容器を突き抜けて格納容器に落ちる。

これを・・・?

与太郎

メルトスルー!

御隠居

その通り!与太郎さんも横文字に強くなったね。

そして、今、燃料はどうなっている?

与太郎

格納容器の底に落ちている。

御隠居

その格納容器は厚さ3センチの鋼鉄でできている。

与太郎

じゃあ、同じ鉄ならまた溶けて、さらに下まで突き

抜けて行くじゃありませんか。

御隠居

もう少し構造を正確に言うと、厚さ3センチの鋼鉄の

格納容器の底の部分にはコンクリートを流し込んで

ある。そのコンクリートの上に2800度の

溶融核燃料が落ちている。そして、

当然コンクリートも溶かして、約50センチほど

燃料がめり込んでいる。

与太郎

じゃあ、格納容器の鋼鉄は溶かしていないんですね?

御隠居

そこが問題なのじゃ。今わしが言ったことは、

つい最近になって東電が言いだしたことなのじゃ。

しかもそれは、誰かが現場に行って見たわけで

もないし、カメラでとらえたわけでもないのじゃ。

与太郎

じゃあなんで東電は分かるんですかい?

御隠居

それはコンピューターに色々なデータを入れて計算

するとそうなっているだろうと言うことじゃ。

しかも、そのデーター自体がリアルなものではないから、

出てくる結果もリアルな物とは言えないのじゃ。

与太郎

じゃあ、本当はどうなっているんですかい?

御隠居

わしの家のスーパーコンピューターで計算した

ところによると、すでにコンクリートを溶かし、

格納容器の鋼鉄も溶かして、原子炉建屋のコンクリート

も溶かし、地底にまで入り込んでいるというデーターが

出ておる。

与太郎

それは信頼できるんですか?

御隠居

コンピューターの計算上のことだから、東電の結果と

違うが、所詮計算機上のことだから、それほど

当てにならんよ。東電とどっこいどっこいだな。

京都大学原子炉実験所助教の小出裕章さんは、

その可能性も捨てきれないと言っておる。

だから、地下にバリアを打ち込んで、

核燃料が地下水を汚染しないように緊急に手を

打つべきだと主張している。

わしと全く同じ考えをしておる。

与太郎

それは逆じゃないんですかい?

小出さんの考えを聞いて御隠居もまねをして

いるんだと思うんですが。

御隠居

そこは落語だから、あまり追及しない方が良いぞ。

与太郎

すると、底が抜けて水が溜まってもいない

原子炉圧力容器の温度を測って100度以下だから

「冷温停止」と言っているのはおかしいですね。

冷温停止もクソもあったもんじゃないですね。

そんなことを一国の総理大臣が真面目腐って国民に

言っていいんですか?それに、NHKだってそのことを

大々的に放映しているんですから、国民は信じて

しまいますよ。それでいいんですか?

御隠居

わしは良くないと思っておる。しかし、それが日本

と言う国の現状なのだよ。

与太郎

テクニカルタームを勝手に自分たちの都合のよいように

利用して国民をたぶらかすというのは、犯罪ですね。

あっしはガキの時に、親から

「うそつきは泥棒の始まり」と教えられてきたから、

今までウソはついたことはありません。

学が足りないから間違ったことを言ったことは

ありますが、ウソは無い。これだけは自慢できやす。

御隠居

それはそうだ。町内でも正直与太郎で通っておる。

しかし、偉い人やマスコミの言うことを

すぐに信じてしまう「ばか正直」とも言われておるぞ。

今の世の中、素直だけ、正直だけでは、

政府やマスコミの餌食になるから注意しなければならん。

与太郎

あつしも、3・11以後はそう思うことがしばしば

あるんですよ。それにですよ、野田総理は

「発電所の事故そのものは終息した」とまで

言っているでしょう。とんでもないですよね。

御隠居

政府や東電や御用学者、原発推進派の人たちは、

なんとかこの事故を小さく見せたい、そして、

これ以上責任を追及されないようにするためには

どうすればよいかを考えておる。

与太郎

どうやってですか。

御隠居

それは昔から支配者が使ってきた手を使うことじゃ。

戦争中は、負け戦でも「大勝利」としたし、

「敗走」を「転進」と言ったり、「全滅」を「玉砕」

と言ったり・・・つまりリアルな状況を伝えることを

しないで、抽象的な言葉でごまかすのじゃ。

言葉は便利なもので、真実を伝えることもできるし、

ウソを伝えることもできるのじゃ。

わしも若いころは何人もの女に騙されたことか。

言葉の恐ろしさをいやと言うほど味わってきた。

与太郎

それは、御隠居が単なる女好きということでしょうよ。

御隠居

まあ、それは別としてじゃな、これは、ヒトラーか、

その宣伝担当が言った言葉か定かではないが、

「嘘も100回言うと本当になる」というのじゃ。

「原子力発電所は絶対事故にはなりません。

放射能が漏れることはありません」と、百万回も

膨大なお金を使って流し続けていたではないか。

与太郎

なるほど!

御隠居

その反対にこういう言葉もあるぞ。

「一時期多くの人をだますことはできる。

しかし、長期にわたって騙し続けることはできない」

与太郎

なるほど、御隠居はいい言葉を知っていますね。

御隠居

いや、これなどはまだ序の口じゃわい。

与太郎

話をもとに戻しますが、結局今の原子炉は底が抜けて

ザルのような状態になっているんですね。

御隠居

まあ、そういうことじゃな。

与太郎

それで納得がいきましたよ。

だからドジョウ屋の親爺がザルを振り上げて

怒っていたんですね!

お後がよろしいようで。