FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



焼きなまし

2011年11月15日(火)アルミパイプをなます



先日、東京の小学校のT先生から、ポンポン船キット52隻の

注文が入りました。

そこで、アルミパイプのなまし作業を行いました。

鉄のアングル材を溶接して、このようななまし炉風な道具を

作ってあります。

右側の青いガスバーナーで上から熱を加えます。

018 道具 

直線のままだと、部分的になましが出来ていないところがあっても

分からないので、このように手で全体を曲げてチェックします。

019 完成 


こちらの2本は、熱をかけすぎて溶けてしまった物です。

020 オシャカ

なまし作業は慣れているとはいえ、100本やって数本オシャカ

にしてしまいます。



ポンポン船は蒸気船のもっとも原始的な船ですので、原始力

です。

では、本物の原子力潜水艦、原子力空母、原子力船はどうでしょう。

原子力(原子炉)からダイレクトにを動力を得ているのではありません。
 
原子炉でお湯を沸かし蒸気を作り、それをタービンに吹きつけて、

タービンが回ると、回転軸にスクリュウの軸が繋がっているので

スクリュウが回り、推進するのです。みな蒸気のパワーで進む

蒸気船なのです。

このことを示す教具がこれです。 

140 全体 

左のパイプに口をつけ、原始力パワー吹き込みます。その力が

原子炉の中を通り、原始力パワーがタービンを回します。

タービンとスクリュウは同軸なので、スクリュウが回転します。

当工房の教具作りスタッフが短時間で作りあげたものです。

原子炉を貫通しているのは、ポンポン船に使われている

アルミパイプで、原子炉も市販のアルミ管で、タービンとスクリュウを

支持しているのは、アルミの角パイプです。

このところ、当工房ではアルミ材を使った工作が多くなってきました。



ついでに触れておきますと、あのタイタニック号も蒸気船です。

タービンエンジンとレシプロエンジン(ピストンとシリンダーのエンジン)

の両方を備えています。あの映画でも、巨大なボイラーに石炭を

くべているシーンと、巨大なレシプロエンジンが動いている場面が

ちゃんとありますが、多くの人はラブストーリーに心と目を奪われて

いるので気がついていません。