FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



シンク周り改良

2011年10月28日(金)アルミのスノコ



この写真のように、シンクの底にプラスチックのスノコを使って
いました。これだと、右側に滑ってくるので使いにくいということ
です。更に身長に対して低いので、高くしてほしいとのことです。

002 前


これを下のようにアルミのスノコに変更しました。

003 アルミ 

妻の要請なので、他の仕事を中断して、第一優先で作りました。
怖いからではなく、あふれるばかりの愛情の成せる業です。

木のスノコなら安く上がるのですが、水気を含んでじめじめするし
汚れもつくので、このようにしました。
大変快適になったとほめられました。

005 乗せる 

高さもちょうど良くなり、水平が出ているので、物を乗せても
安定しています。


このように、すでに有る環境の中に何かを作りこむときは、
下のような木のダミーを作って現場合わせを行います。

ここで妻の意見を聞きゴーサインが出れば、本番です。

006 ダミー 


サビが出ないようにステンレスのビスを使いました。
3mmの下穴を開け、3.5mmのビスを使うとちょうど良く留まります。

001 裏側 

左側の縦の棒は2段重ねて高くしています。排水溝側が低くなって
居るので、これで水平を出しています。

材料のアルミ材は、12×15ミリの平角パイプです。


同じ材料を使って、シンクの右端に棚になるスノコも作りました。

007 右側 


これで、水きりが良くなり、水平も出て収納がすっきりしました。
スノコの下にも物がおけます。

008 載せました 

シンク周りにはアルミ材がマッチすることが分かりました。