FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



介護用品

2011年10月23日(土)介護生活の始まり



丸一週間更新が滞っていました。当ブログではまれなことです。
親しい友人からは、「どうしたの?病気、旅行、死んだの?」
などという、ひやかしメールが届いたりしていました。

数年先の事だろうと思っていた母の介護生活が急に始まり、
てんてこ舞いの1週間でした。

市役所に行き介護認定の申請をし、ケアマネさんとの打ち合わせ、
介護用品レンタル会社との打ち合わせ、そして病院通いなどに
翻弄されていました。それに加えて、納期の厳しい困難な仕事
が重なり、書く内容はあるのですが、更新する体力・気力を無く
していました。

それでは、今日の記事を書きます。この間作った介護用品です。

009 介護1 

左は、ベッドから降りて立ち上がるときにつかまるものです。
 
真中は室内用杖スタンド。右は4点支持の杖です。
杖は市販品です。



こちらはベッドに座って食事や洗面をするためのテーブルです。

010 テーブル 
前日までは、二本の杖をつき、介助されながら歩いて台所まで
行き食事のテーブルについていたのですが、急にそれもまま
ならなくなり、その日の昼食に間に合わせるために、工房にある
あり合わせの材料で、30分ほどで作ったものです。
これでも十分役に立っています。


枕元に置いた呼び鈴のスイッチです。これを押すと、

013 呼び鈴1 


二階のベルが鳴り、夜中でも下に降りて介助が出来るようにしました。

014 呼び鈴二階 


先日、訪問入浴サービスを使いました。
初めての体験でしたので、どのような仕組になっているか
見ておきました。

117 訪問入浴 

男性スタッフはセッテイングなどの力仕事に、契約書類の作成
などをし、女性の看護師と女性のヘルパーさんが入浴介助を
します。

家の水道から車の中に水を引き込み、中の石油ボイラーで
お湯を沸かし、室内に運び込んだ浴槽に給湯します。
この車に機材がすべて収納でき、しかも3人のスタッフが乗り込む
のですから、良くできた車だと感心しました。

※ ブログのカテゴリーに「介護」を新設しようかとも思いましたが、
長引くことを前提にしているようなのでやめました。
当分、「未分類」 にしておきます。