FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



出前授業

2011年10月13日(木)光が丘第八小学校へ出前授業

「発電の仕組みと原発事故」



昨日この学校で出前授業を行いました。

083 看板 


車から台車1台分の教具一式を教室に運ぶところです。

001 教具一式 


視聴覚室の前の花壇です。教具を全部セッテイングし終えたので、
 
芸術写真を撮るゆとりがありました。現役のときにはあり得ない優雅さ

です。

033 花壇 


028 蜂 


バックのボケ味が良いと思うのですが・・・。

024 ボケ味 


授業の前の時間は避難訓練でした。

040 避難訓練 


こちらが視聴覚室です。今日使う教具をこのように並べました。

004 教具全体  


机は使わず、椅子だけでこんな感じの体型で授業を進めました。

私が手にしているのは風力発電機です。

6年生1組・2組合同で40人の子どもたちです。

1時間半の授業時間で、火力発電まで実験し、トイレ休憩をして

から、原発の仕組みと事故、放射能についての授業展開です。

052 全体風景本番 

改良型水力発電機の体験中です。
予想通りスプーンのタービンブレードは高性能になりました。

※ 6個用意した中で1個だけ点灯しないものが出てしまいました。
点検したところ、LEDのリード線がくっついてショートしていました。
これはさっそく全部改良しなければならないと思いました。
毎回授業の度に改善点が出てきます。

060 水力 

火力発電所の模型です。

アルコールバーナーに点火し、ボイラーで蒸気を作り、タービンに

吹き付けて発電機を回します。

008 火力 

火力発電所の運転中です。電気が起こり、街並みに灯がともると
拍手が起こり、アンコールの声がかかりました。
最後は汽笛をならしてサービスしました。

072   火力発電 


原子炉模型を使って説明中です。
073 原子炉 

これが原子炉圧力容器の断面模型です。

011 原子炉 


ジルコニウム被覆管の中に燃料棒入れて説明しているところです。
燃料棒は直径10ミリの木の丸棒を黒く塗装したものです。
ジルコニウム被覆管は、ステンレスパイプを使用しています。

076 燃料棒 

今回の授業では、初めて電卓を使って、放射線量を計算することを
行いました。事前に、この学校の放射線量を聞いておきました。
全員に電卓を用意してもらいました。

0.07マイクロシーベルトでしたので、これを1年間浴びたとすると、
何ミリシーベルトになるかの計算です。
ここでは、0.613ミリシーベルトで、年間1ミリシーベルト以下でした。 

※ プリントの資料で、埼玉県三郷市の小学校で3マイクロシーベルト
を検出したという新聞の記事を配りました。 

080  シーベルトの計算 

こちらの学校には校庭にトイレがありました。
私が勤務していた八潮市内の学校にはありませんでした。

原発は「トイレなきマンション」と言われていますが、こちらの学校とは
大違いだということを思い浮かべました。

034 トイレ 

まとめ

・人力発電から火力発電までは、子どもたちが教具を使って活動する
場面がたくさんあり、順調に進みました。

・40人だったので、全員に体験させるのには、教具の数が足らず
その分時間がかかりました。

・原子力発電の仕組みと事故の部分では、模型があるとはいえ、
どうしても説明が多くなり、子どもたちに満足がいく授業になっとは
言えませんでした。ここは、毎回課題です。

・今回、手回し式の発電機と、握り式の発電機を追加しましたが、
これは良かったです。(右側です)

006  人力発電機 

・原子力潜水艦のプラモデルも用意しましたが、使いませんでした。

002 原子力潜水艦 

原子力潜水艦も、原子力空母も、原子力船も、原子炉でお湯を沸かし
蒸気でタービンを回し、その軸に繋がったスクリューで進んでいると
言うことを伝える教具です。時間があれば使うつもりでした。


後日、子どもたちの感想文を送ってもらう予定です。
楽しみにしています。

※ 出前授業をご希望の方はメールフォームからご連絡ください。
   学校・サークル・数人の集まり・・・・・どこにでも行きます。