FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



板金加工

2011年10月10日(月)アルミ板の円筒を作る



あることから、急ぎで内径180ミリのアルミの筒を作ることになり
ました。時間があれば、いろいろ調べたり聞いたりしてつくるのですが
それができないので、自己流で作業を開始しました。

① 外形180ミリのエンビのソケットを2個連結して、その外側に
厚さ0.5ミリのアルミ板を巻きつけます。かなり反発力が強いので
紐で締め付けることも出来ず、このようなジグを作りました。

  
004 円筒1  

② クランプで締めあげます。
005 円筒2横~ 

③ 継ぎ目部分にドリルで穴を開けます。
007 穴あけ 

④ そこにネジを入れてとめます。
010 ネジ止め 

⑤内部はこうなっています。
011 内側から 

⑥ジグからはずした状態です。

012 スタンドネジ 

⑦ 中にソケットが入っていますからきれいな円筒になっています。

013 円筒表 

問題はこれからです。ネジを外してソケットを抜き、リベットで
かしめるのですが、はたしてうまくいくかどうか不安です。

プロの板金屋さんはどうやっているのでしょう。
大小の径のローラーを通して丸みを付ける道具はないし、
端をとじ合わせる道具もありません。
すこし、板金のお勉強もする必要が出てきました。