FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



算数の教具

2011年8月13日(土)算数の教具いろいろ



8月20・21日に、山梨県の石和温泉で、算数・数学の

合宿研究会が行われます。 ここで、教具作りの提案をする

ことになりました。大会要項はこちらです。

annnai.jpg ※ここをクリックすると大きな画面になります。


この大会で提案するための、タイルの計算機を作りました。

こちらはT先生が作ったものです。
001 計算機1 

002 アップ

これを、大きくしっかりしたものに作って欲しいという依頼です。

そこで、1日かけてこのように作りました。
003 工房計算機 



傾けてもタイルが落ちないように、塩ビ板を仕切り棒につけてあります。

タイルの大部分が露出しているので、簡単に操作できます。

タイルは5センチ角です。
006 塩ビ 


このスタンドに立てかけて使います。

007 スタンド



こちらは指し独楽に円盤を付けてルーレットにしたものです。
 
回転している状態です。

016 回転中

円盤に数字を書き、それぞれの独楽を1の位、10の位・・・・というように

しておきます。

014 倒れた 

独楽が止まると数字を指すので、子どもたちが楽しみ

ながら勉強できます。授業には、このような工夫が大切です。



こちらは「ブラックボックス」です。
 
020 ブラック1 

上からカードを落とすと、中で回転して裏側が下に出てきます。

単純な構造なのですが、これがなかなか面白いのです。

021 ブラック2 

明日は「算数列車」のプチ改良を行います。