FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



レンタル線量計

2011年7月28日(木)八潮市のレンタル線量計

先日市役所に予約をしに行きましたが、その時点では、9月22日
まで借りられないことになっていましたが、3日前に、市役所から
連絡があり、線量計のキャンセルが出たので、8月19日に借りられる
ようになりました。そのかわり、午前中のみの使用になりました。
希望者が殺到しているので、1日は無理で、午前一人、午後一人
と振り分けているとのことです。

人口8万人の市で、貸し出し台数が2台と言うのは心もとない
のですが、貸し出ししていない所に比べれば良いと思うことに
しています。

「AERA」の7月25日号を見ると、「首都圏で除染すべき学校」
という記事が掲載されています。

この中で、元原子力安全委員会専門委員の、中部大学教授
 武田邦彦氏は、「私は以前から主張しているように、積算すると
年換算で1ミリシーベルトに達する、毎時0.11マイクロシーベルト
以上の場所は、除染をするべきだと考えます。」
と述べています。

八潮市の古新田保育所は、  6月30日時点で、
0.4マイクロシーベルトでした。以下の計算で年換算すると、


  
0.4×24時間×365日=3504マイクロシーベル
  
3504÷1000=3.504ミリシーベルト になります。

現在は市民の働きかけにより市が動き、除染をしたところ、
毎時0.15マイクロシーベルトに下がりました。
(7月22日測定 八潮市ホームページより)

武田邦彦氏の言う、「毎時0.11マイクロシーベルト以上の場所は、
除染をするべき」という基準に照らすと、7月22日時点の八潮市の
以下の場所(屋外で測定 地上5センチ)は、
この基準を超えています。
 
潮止小学校  大曾根小学校  フラワーパーク  八潮市役所

大曾根保育所 南川崎保育所  八条親水公園  西袋陣屋公園 

八潮駅前公園予定地 柳之宮小学校  大原中学校  伊草保育所 

 古新田保育所  やしお苑

※ 全測定箇所で唯一基準以下の場所は、

     八条北小学校(0.09)でした。