FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



算数の教具

2011年5月4日(水) 算数列車

今日は連休中にも関わらず、小学校の先生が、

1年生の算数の教具作りに工房にお見えになりました。

磁石が付いた車両を「ガッシャン!」とくっつけて算数の足し算

を教える教具です。

038 ワーイできた 

040 2人で


機関車の後ろに炭車がつき、その後ろに6両の客車が付きます。

これが二組でワンセットです。


036 アップ 


車軸の穴あけです。

010 ボールバン 

車軸が6ミリなので、車体には直径7ミリの穴を開けます。

011 ドリル見える 


女性の方でもボールバン作業をやってもらいます。

006 車軸穴あけ 


今日お見えになった4人のお客様です。

030 全体  

※ 1年生に足し算を教えるのは容易なことでは有りません。
   すべての子が理解するには、このような教具を使って
   知的好奇心を刺激し楽しみながら授業を進めることが、
   決定的に重要です。
   
最近の悪い傾向として「学力向上」の名のもとに、テストの点数のみを

追及するケースが多く見られます。

ひどい例では、学力テストの前には同じような練習問題を

たくさんやらせている学校も有ります。

1年生にはこのような教具を使ってしっかり算数の基礎を

理解させることが重要です。