FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



キッズハンガー

2011年4月18日(月) キッズハンガースタンド

埼玉県三郷市のK様からの注文です。
これが図面です。
お孫さんのランドセルや衣服を掛けておくスタンド式の
ハンガーです。

015 図面 


先日は台座になる板をテーブルソーで2枚切り出しました。
今回のは直径が小さいのでバンドソーで切りました。
スレッドに材をくぎで回転できるように留めます。
釘の位置と刃の位置が一直線上になるところまでスレッドを押し
ます。(この位置でスレッドが止まるようにストッパーが有ります)

001 バンドソー 1 

釘を回転軸にして材をゆっくり回します。
9ミリ幅の刃はこのくらいの曲線切りが簡単にできます。

002 バンド 2 

材を1回転させるとこのようになります。

003 バンド 3 

きれいにカットできました。


004 バンド4 

スレッドの表面です。A B等の線は別の加工をするときに使います。
今回の加工には関係有りません。

005 バンド釘裏 

スレッド裏側です。

006 スレッド裏側 

台座はこのように3枚にします。
1枚では支柱の丸棒をしっかり支えることができないからです。

014 台座完成形  

次に横棒の製作です。
この部品の加工が一番難しいところです。
厚さ40ミリの樫の板をこのようにラフカットします。

007 バー 1 

それを旋盤で丸くします。

010 バー 2 

棒の両端に球をはめ込み接着して完成です。
支柱が40ミリの丸棒なので、それに穴を開けて横棒を通すと
強度が出ないためこのような方法にしました。
これに決まるまで、あれこれ考えました。
でもこれで決まりです。

013 バー完成 

トップにくるH型のパーツを5.5ミリ厚シナ合板で作ります。
糸のこで切りますが、墨線をシラガキで数回なぞって溝を作って
おくときれいな直線が切れます。ちょっとした糸のこテクニックです。

017 シラガキ  

このようにできました。

018 カット完成 

※ 三郷のK様、ここまでできましたので、納期には間に合いそうです。