FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



トールペイント用ボックス

2011年4月9日(土)トールペイント用ボックス

「ミルク」で行うトールペイント講座で使用するボックスの注文が
入りました。これが見本です。 同じものを20個作ります。

066 注文品


昨日、このように作りました。
材は、15ミリ厚メルクシパインです。

065 作品借り組


見本と並べてみました。

064 並べて 

これだけのパーツを切り出し、溝加工、ビスケットジョント加工を
施しました。  底板は厚さ5.5mmのシナ合板を使いました。
(見本は2.7mmの普通合板です)
溝加工は、6ミリビットを使いトリマーで行いました。

062 オールパーツ 



このようにして組み立てます。

067 クランプ 


まず、下にあるテンプレートを厚さ5.5mmのシナ合板で作ります。
バンドソーでラフカットした材の上に乗せ、ピンネイラーで打ちつけます。

036 横板1 


それをルーターテーブルで習い加工をします。
上の丸いベアリング部がテンプレートに沿って移動します。
左側が加工済み部で、右がこれからの部分です。
040 ビット部分拡大 

習い加工が完了しました。

043 習い完了 


テンプレートを外します。ピンネイルが下に残るので、引き抜きます。

045 ピン抜き 


次にハート部分の習い加工をします。
049 ハート抜き 

ピンネイラーでテンプレートを打ちつけます。
この大きさなら、3か所打てば十分です。
※ 両面テープ貼り付ける方法もあります。

050 ピン打ち 


外側を習い加工しています。
051 外習い 

ハートの内側を習い加工しています。

052 内習い  

このようにして、同じ規格のパーツを作成します。

まとめ
・形を作るための習い加工は、思っていたより時間がかかりました。
・ラフカットの削り代が大きすぎたのが、時間を食うことになりました。
・テンプレートを使わず、糸のこで精密加工をした方が時間短縮
 できたかもしれません。
・テンプレートの固定にピンネイルを使うのは合理的な方法でした。
・長さ15mmのピンネイルが5.5mmの厚さのテンプレートにぴったり
 です。
・見本は、ねじ止めですが、今回はビスケットジョイントにしました。
 こちらの方がスマートです。