FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



被災地の子どもたちへ

2011年3月18日(金)「私に何ができるか」



この間は、「八潮とUコンの歴史展」にかかりきりになっていました。この展示会は巨大地震に見舞われても、無事に終えることができました。各方面からお借りした、大切な機体や、その他の資料を無傷でお返しできてほっとしています。

002 修了


 さて、今回の巨大地震・津波・原発事故のニュースを聞くにつけ、多くの方が「私に何ができるか?」を考えていると思います。私は、昨日以下の文章を、友人たちに送りました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~多くの人が「私に何ができるか?」を問うているのだと思います。昔から何かをするときに「金があるものは金を出し、知恵があるものは知恵を出し、体が丈夫で力があるものは力を出し。」というフレーズがあります。私にも、少しのお金と、少しの知恵と、少しの体力があります。この視点でできることをしようと準備中です。

・お金→ 私が所属しているいくつかの組織や団体を通じて義援金の手配をしています。※ジャパネットタカダは5億円の義援金を提供したとネットに出ていました。内部留保金をため込んでいる企業はそのうちの数パーセントを出してもいいと思います。

・知恵→被災した子どもたちのために、木のおもちゃを作っています。昨日のラジオで、アンパンマンンの歌が子どもたちを勇気づけていると聞いたので、これを思いつきました。今すぐには届きませんが、これから長くかかる復興の中では役に立つと思います。
私がかかわっている「高次脳機能障害の家族会 NANO」では、埼玉県三郷市に倉庫を借りて援助物資を集めています。現地で仲間が被災しています。これもすぐには届きませんが、条件が良くなれば自力で届けることにしています。受け入れ先の確認も取れています。そのための、タオル・毛布・トイレットペーパー・・・・等を集めています。当然現地の迷惑にならない物を集めて送ります。

無い頭を絞って、地質学の勉強、原子力発電の勉強をしています。教育内容の問題として、日本列島の置かれている状況と、発電・エネルギーの問題をどう位置付けるかを考えています。

・力→今日、八潮市役所に「ボランテイアに行くつもりだが、市役所で募集しているか」を問い合わせました。市では、まだ募集していないが、昨日、市の職員5名を派遣したとのことでした。募集は検討中なので、市のホームページでお知らせするという返事をもらいました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~被災地の子どもたちに送るおもちゃ

今、工房にあるものです。これを適切な時期と場所を選んで送ります。

011 コマ 

019 犬猫 

これから、追加のおもちゃ作りを始めます。