FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



おもちゃたんす

2011年2月20日(日) ビスケットジョイントで箱物を作る



埼玉県三郷市のK様からご注文をいただいた、
お孫さんのママゴト道具を入れる収納箪笥です。
今回は、このような箱物をビスケットジョイントで
作る工程をご紹介します。

023 こんな箱 


まず、必要な寸法にパーツをカットします。
箱物のパーツは、左右・上下・裏表などを間違えないようにします。
そのために私は、黄色のマスキングテープを貼り付け、
部品名を書いておきます。
鉛筆で板に直に書くと消すのが大変なので、こうしています。

001 テープ 

板面の所定の位置にビスケットホールを掘り込みます。

002 板面ビスケット 

位置決めが非常に重要です。
ポイントはこの2点で決めます。
(左側にもポイントがあります。合計3点のポイントで合わせます)

005 ファインダーニポイント 

ジャストファインカットができました。
009 ジャストカット 

これは、側板に中の仕切り板がつく部分です。

013 このように3個 

小口面に掘り込む場合はこのように行います。
ゲージを調整し、板厚の中心に溝が掘れるようにします。
テストカットをして慎重に位置合わせを行います。

014 小口に 


このようにカットできました。
016 小口カット済み 

ビスケットを挿入しました。

018 ビスケ挿入 

仮組をしました。

019 仮組み 

※ 本日はここまでです。次回に続きます。