FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



発電の授業を終えて

2011年2月15日(火) 6年生理科 発電の授業

東京地方は3年ぶりに積雪2センチを記録しました。
ノーマルタイヤの車で、おっかなびっくり
首都高速を走り、学校につきました。
011 第三看板 


東京でこれだけ積もるのは珍しいので、
朝の15分間「雪あそびタイム」をとり、
子どもたちに校庭を開放しました。
このように、臨機応変に学校を運営するのが
職員の腕の見せ所です。
他の小学校ではどうしたのでしょうか?
010 校庭 

私は、理科室に入り、このように風力発電機を並べて
子どもたちを待ち受けました。
子どもたちが、理科室に入ったとたん、
これが目につくように仕掛けました。
「おっ、なんだ?」と、思ってくれれば、成功です。

012 風力 

風力発電の実験を全員が体験しました。
各班4人の8班編成のクラスなので、全員が体験できます。
この「夢風車」のLEDは回転方向を変えると
色がブルーと赤に変わります。
そこで、8台の風力発電機は、半々ずつ、赤がつくものと
青がつくものにしておきました。


授業はこんな風に展開しました。
・代表の子をよんでみんなの前で実験してもらいます。
青のLEDがつきました。
私「みんな、なんで青がついたと思う。
それは、この子の気持ちがブルーなんだよ。
子ども「えーっ!」・・・・
こんなオチャラケをいれます。
私「ではみんな実験して」・・・・
私「ちょっとこの班のこの人のを見て。
赤がついたよ。この人は情熱の人なんだよ!」
子ども「わー、うっそー!」

そのうち、回転の方向が変わると、色が変わることに
子どもたちは気がつきます。

私「実は、そういうことで、やる人の心は関係なかったね!」
で、話が落ちます。
ここは、全員が楽しんで実験することが重要です。

015 風力実験 

水力発電機の実験の様子です。
私「超高級防水ケースが使われています」
と言っておいて、これを出すと、子どもは笑います。
教具を出す時に、如何に関心をっ持って見てもらうかの
トークテクニックです。

016 水力 
水力発電機は、手で持って水に当てるので、
水の当て方がうまい子と、そうでない子の差ができました。
そのうち全員ができました。
風力発電では、このような問題は起きませんでした。



この子はおもしろい実験を始めました。
「水力発電機だって、風力発電機になるぞ!
と言って、団扇であおぎ始めました。ちょこっと点きました。

022 両方だ! 


火力発電所の実験風景です。
バーナーに火つき、ボイラーから湯気が出てきます。
そのうち蒸気がもれてきます。
ころ合いを見計らって、蒸気のバルブを開きます。
勢いよくタービンが回り、発電成功!
左隅の「街並み」に灯がともりました。
子どもたちから歓声が起こり、その後拍手が出ました。
完璧に成功です。

024 火力発電授業ブログ 
数人のこどもたちに、蒸気バルブの開閉をやってもらい、
発電状態の変化を確認しました。
汽笛も鳴るようになっているので、サービスに鳴らしました。
こんなことも、子どもを喜ばせる仕掛けですね。

下は「街並み」の箱入りですが、学校の建物には
「高井戸第三小学校」とテプラで印字した物を貼ってあります。
こんなことも授業のスモールテクニックです。

005 箱入り 

子どもたちは、本当に良い顔をしていました。
写真で紹介できないのが残念です。

※ 子どもたちの感想は、次回アップいたします。