FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



守谷さんのベーコン

2011年1月24日(月)
木工仲間 守谷さんのベーコン紹介

今日は、このブログ始まって以来の、料理のページになりました。

冬季限定特製ベーコンのお知らせです。

私の木工仲間の守谷さんが、手作りベーコンを届けてくれました。

熱を加えると肉がかたくなるので、冷燻にしています。


058 守谷さん 


粒コショウがたくさん乗っています。
060 ベーコン 


切り口は、こんなにきれいです。

その秘密は二つあります。

① 包丁は私が三条鍛冶道場で作ったものなので、切れ味抜群。
② 肉が良い。山形県の有名な平田牧場のバラ肉使用

059 切り口 


私が調理しました。白菜の切り方にこだわりました。
弊社のスーパーコンピューターで計算し、大きさと形を決めました。

061 白菜乗せ 

水は使わず白菜の水分のみの調理です。
063 鍋蓋

しんなりした白菜の上に、ベーコンがのり、

白菜の水分がおいしいスープなっています。

野菜と肉のほのかな甘みを、岩塩と粒コショウでピリリと引き締めた、

絶妙の味です。

お皿は、京都の有名な窯元で特注した高級品です。

言わなくても分かりますね。

068 調理 


ご飯の上に乗せて食べると、適度な塩味が食欲を増進して、

他のおかずは不要になりました。

これも言う必要がないと思いますが、

お米は、新潟県の秘密の場所で特別に栽培したものです。

白菜の大きさと形、そして肉の大きさと形

そして、お米の白さとの色のバランス。

すべて、コンピューターで計算したとおり調理してあります。
069 ご飯  


下の写真のようにして、守谷さんが手作りしています。
作り方 

以下は、守谷さんからのメールをコピーしました。

1回で24本まで燻製ができ
製造期間は順調にいって11日間。
僕の工房で木工をやりながら
煙の出具合を見ることができます。
冬季限定ですので12月~3月まで
続けるつもりでいます。
タイプ A 1本1500円(600g)
タイプ B 1本2500円(700g)山形県の平田牧場のバラ肉を使用
 
無垢の木工房 「木楽舎」 (きらくしゃ) 埼玉県鳩ケ谷市
 
守谷裕之

※ お問い合わせ ご購入は、このブログのトップページ

メールフォームよりお願いします。守谷さんに転送いたします。