FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



自作マイクロダストコレクター

12月15日(水)自作マイクロダストコレクター




家庭用の換気扇を利用して作りました。

工房を建てた4年前に作り、現在も可動中です。

フィルターは埃で後ろの羽が見えません。

024 前

フィルターをはずしました。

030 カバー取る

フィルターの右半分は掃除機をかけました。

左半分は埃が付いたままです。

工房内にはマイクロダストが浮遊しているのがよくわかります。


033 カバーの汚れ

フィルター全面に掃除機をかけると内部の羽が見えるようになりました。


035 きれいに

空気が出る後ろ側はこうなっています。

お客さんから「スピーカーですか?」と聞かれます。
026 後ろ

サイドはこうなっています。

右の色の濃い部分がスライドします。
025 横閉じ

内部には家庭用の掃除機の紙パックが4つ取り付けてあります。
027 横開く

紙パックを交換する時はこのように引き出します。
029 紙パック前

後ろはこうなっています。取り外しができる仕組みです。
028 紙パック後ろ



これはエアコンのフィルターの状態です。

右は掃除機をかけた状態。

左は3か月間使用した状態です。

037 エアコン

ま と め

工房を作ったときにマイクロダストコレクターは必需品だと思いました。

しかし、4万円以上していましたので、諦めて自作を考えました。

構造は簡単です。空気を吸いこみ、フィルターを通過させればよいのです。

市販品のマイクロダストコレクターのフィルターだけ買って、

後は自作しようとも思いました。

しかし、このフィルターも値段が高いのです。

そこで、いろいろ考えた末に、家庭用掃除機に使う、

汎用の紙パックを思いついたのです。

これなら数ミクロンのダストをキャッチできるはずです。

しかも、安いので使い捨てができます。半年に一度交換しています。

今回、市販品を購入したのは、特価セールで安かったことと、

自作の物と性能比較をしたかったからです。

もう一つの理由は、集塵能力を強化したかったからです。

自作機のメリットは格安でできあがり、

そこそこの性能が得られる点です。

当工房のお勧め品です。