FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



コマの色づけ

        12月2日 (木) にじまないコマの色づけ             


昨日、「夢工房」で、佐野さんから、

滲まないコマの色づけを伝授していただきました。

コマに適する木は、下の2種類です。

緻密・均質で切削性が良い、それに色が白い・・・・・

と言うような性質があります。

002 ミズキ 


コマの形が出来上がりました。

005 整形完了 

このあと、スチールウールを使って焼き締めます。
高速回転にしてスチールウールを強く押しつけます。
 軸が細く壊れやすいので、スチールウールを
両側から挟むようにして押しつけます。
サンデイングと摩擦熱で表面処理を施します。
これにより滲まない素地調整が出来上がります。

(注)スチールウールは巻き込まれやすいので、
小さくして手のひらで転がし、
繊維が飛び出ていないようにして使用します。

019 コマ9焼き締め 


彩色の方法は各種ありますが、佐野さんの最新の方法は、
下の水性ペンを使います。
佐野さんの独自ルートで入手したものです。
近いうちに一般公開の予定です。

001 トンボペン 


低速回転にして色づけを行います。赤を入れました。

006 赤1本 


二本目の赤を入れました。

008 赤2本 


緑を入れました。
1回目に塗ったところが乾いたら、2回目を塗ります。
同じ色を二度塗りするときれいに仕上がります。

009 緑追加 


この金色は顔料を使いました。これ以外は水性ペンです。

018 金色追加 


反対側です。

026 裏側 


色づけ完了です。

027 完成 

通常はカルナバワックスで仕上げます。
(注)カルナバを使うのはすべて水性ペンを使用したときです。

今回は、顔料も使っているので、カルナバは使いませんでした。
この写真は前回の物で、カルナバの使用例としてのせました。

025 こま11 カルバナ 


切り離します。

029 切り離し 


完成品です。

032 佐野作品 

この技術の詳細は、今月5日に開かれるJWAの講習会で公開されます。

※ JWA (日本ウッドターニング協会)

詳しいことはこちらをご覧ください 
http://jwa.gotohp.jp/

この中の「JWAからのお知らせ」に掲載されています。