FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



日本の象牙彫刻展

 10月19日(火)象牙彫刻展 

10月14日に日本橋高島屋に行って、これを見てきました。

007 象牙彫刻 

以前紹介した、根付け師の中村さんのご招待です。

会場でいろいろ説明していただきました。

012 中村さん左刀 

左の写真は、左刀の供養碑です。
根付けの刃物は左刀というそうです。
中村さんは、根付けの刃物をご自分で鍛造して作っています。
先日お宅にお邪魔して、その作業場を見せていただきました。

下は左刀の説明です。

014 左刀 


会場には象牙が展示されていました。
中村さんが手で示しているところまで、像の体の中に入っている部分だそうです。
この象牙は小さな方で、大きなものになると、この3倍ぐらいあり、重さも50キロを超えるものがあるそうです。

019 象牙ここまで 

この中に骨が入っていて骨髄で満たされているそうです。


023 中空洞 


まん中に小さく開いている穴は神経が通っていた穴だそうです。


025 神経 

日本の象牙の管理体制はこのようになっており、ここで使われている象牙は、皆合法的に入手しているとのことです。
画像をクリックして大きな画面で見てください。

010 管理体制 

体験コーナーで、実際に象牙を削らせていただきました。
根付けの刃物は独特な形で、使い方も独特です。

040 体験コーナー 

お手本を見せていただきました。

036 彫り 


下の写真は、1本の象牙からこのように、さまざまな彫刻ができるという説明です。


009 1本の象牙から 

※ 次回に続きます。



コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://wood099.blog87.fc2.com/tb.php/426-3bdcd060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)