FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



茶筒完成!

9月29日(夢工房にて)

本日茶筒完成しました。佐野師匠より合格をもらいました。

002 完成姿 

左が今日作った私の作品。右が佐野師匠のお手本です。

木は槐(エンジュ)です。


003 蓋外し

蓋をはずしました。蓋と身のクリアランスはうまくいきました。


004 中蓋外し 

中蓋を外しました。これからウレタン塗装をします。


011 不良品ふた 

なんで中蓋が4つもあるのでしょうか?

もうお分かりですね。
周りの3つは不合格品です。ゆるすぎました。
完全に伏兵にやられました。

伏兵は下のこれです。

001 間違い 

このように、摘みの方から先に削り、身と合わせる部分を後から削るようにしていたのです。そのため、身と合わせる部分をノギスで測りながら加工して、切り離していました。これでは、身との現物合わせができません、そのためわずかに削りすぎてゆるくなってしまったのです。
3個ともこの方法で失敗しました。ようやく佐野師匠に指摘され、加工方法を修正しました。

つまり、このようにしたのです。

007 現物合わせ 

摘みにする方をチャックに加え、身と合わせる方を先に削るのです。
現物合わせを行いながらクリアランスを調整します。

こうすれば・・・・・・・・・・

ぴったり 


このようにジャストフィットできるのです。これが4個目の完成品です。
このあと身と合った部分をチャックに咥え、摘み部分を加工するのです。
これでようやく合格がでました。
茶筒は初めてだったので、経験者にはすぐわかる伏兵に3回も悩まされました。

でも完成したぞ!伏兵破れたり!どうだ! 



コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://wood099.blog87.fc2.com/tb.php/401-e73ee4ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)