FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



なかよし木工教室


9月25日午後1時から、「なかよし木工教室」を行いました。
養護学校を卒業して、現在は就職しているY君は、時給800円で週5日働いているそうです。
Y君は小学生の時から「なかよし木工教室」のメンバーでしたから、時間の過ぎるのは早いものだ 思います。
まずは練習です。
 023 練習 ヘヅナー


こちらは、Y君の友人で、養護学校の2年生のN君です。
同じく練習用の線をカットしているところです。


025 練習朝日 


作品ができあがりました。


037 2人の作品 

ま と め

糸のこの刃は、一本の針金のように見えます。
そのため、木を針金のどこに当てても切れるかのように思ってしまうことがあります。
今回は、指で刃の部分と、刃ではない部分に触ってもらい、確認を行いました。
糸ノコは、木を押す時にしか切れないという、当たり前のことが、意外と分からない場合があります。小さな曲線を連続的に切っていると、木を引っ張って切ろうとするときがあります。

図案のカットラインを切り進むとき、次に切るラインが右カーブなのか、左カーブなのか、急カーブなのか、ゆるいカーブなのか・・・・・・・ということを、あらかじめ意識していないとうまく切れません。
これは、慣れてくるとできるようになります。

糸ノコの刃が、1回下がった時に切れる長さは1ミリぐらいです。いわば点のようなものです。この点を連続して曲線を切ることになるので、この感覚をつかむ必要があります。





コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://wood099.blog87.fc2.com/tb.php/395-7385b29b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)