FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



江戸城北の丸ウオーク 1

8月28日(土)
「江戸城を歩く」(祥伝社新書)の著者である、黒田涼氏の案内で、江戸城北の丸のフィールドワークが行われました。猛暑の中、30数名の参加者がありました。
主催はNPO法人「江戸城再建を目指す会」です。
HPはこちらです。http://npo-edojo.org/

午前9時半、竹橋駅のたもとの広場に集合し、黒田氏の説明を聞きました。

008 黒田氏 


最初の見学場所は、「清水門」です。

032 清水門上から 

門を入り、「雁木坂」を上ったところから撮影しました。


「清水門」の説明はこの看板をみてください。

028 清水門説明 

鉄の技術に関心があるので、このような所に目が行きます。鉄の帯板を
釘で留めてあります。この釘の頭がきれいに丸くなっているのはどのような工法なのか気になりました。

019 鉄帯 

蝶番の表面に文字が刻まれています。これにより万治元年(1658年)に建造されたということが推定されたとのことです。

024 蝶番の文字 


こちらは「田安門」の蝶番です。「石火矢大工」の文字が読み取れます。
これは鋳造したものだと思われますが、当時は鋳物の仕事をする職人集団を。「石火矢大工」と呼んでいたようです。「鋳物師」(いもじ)という言い方しか知りませんでしたので、これは新しい発見でした。
067 田安門石火矢大工 

※ 今日はここまでです。続きは後日になります。




コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://wood099.blog87.fc2.com/tb.php/359-8a277f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)