FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



DIYショー 2

昨日のDIYショーの続きです。


ここに行く最大の目的はこれです。 包丁作りです。


079 看板 

030 包丁造り参加費 

031 メニュー 

この包丁研ぎのコーナーは人気が高く、毎回盛況です。開場と同時に行ったのですが、私の番は2回目の11時半からのコースでした。



懐かしい三条鍛冶道場の師範連との再会です。

※HPはこちらです。
http://www.city.sanjo.niigata.jp/shokoka/kaji/page00013.html

078 師範連 


面直しをしています。砥石は使っているうちに面の平面性が失われます。そこで「面直し」が必要になります。砥石は平らでなくてはいけないのです。

083 面直し 


「三条鍛冶道場」にあった、大型の回転式砥石です。
これら道具一式を新潟から運んできたのですから、大変なことです。

080 砥石 


これが当日参加者に渡された包丁の材料です。この材量は複合板と言って、工場で鋼と地金を接着してある物です。
077 材料 

私の作品です。三条鍛冶道場で、7月に大型回転砥石を使っていましたので、今回はだいぶ慣れた感じでした。時間も早くできました。

085 姿全体表 

片刃の包丁なので、裏面はこうなっています。

086 裏刃 


084 完成 

刃先の光っている部分が鋼です。上の少し黒い部分が地金です。
091 鋼部分 


多くの方は、プロの方に自分の名前を入れてもらうので、見栄えのするものになるのですが、私は自分でやりました。これは小さなタガネを小さな鎚でたたいて切ってゆくのです。「作」という字が明らかな失敗です。切っている部分はタガネの後ろになり見えないので、経験を積まないと、今どう切り進んでいるのかが分かりません。でも、自分でやったので満足感はあります。

089 銘入れ 

※ たった1500円でこれだけの品質の包丁が手に入るのですから、超お得です。しかも自分で作れるのですから。おそらく、三条鍛冶集団の儲けは無いはずです。新潟県からこれだけの資材を運び、人件費・交通費・宿泊代・出店料等々を計算したら、大赤字になっているはずです。でも、毎年やる。なぜか?それは本物の刃物の素晴らしさを一人でも多くの人に体験を通して知って欲しいという、熱い思いがあるからです。私は、三条鍛冶道場に3回通い、鍛冶集団の皆さんには、夜の懇親会や、二次会までお付き合いいただきました。そこでの皆さんのお話から、このことは、ひしひしと伝わってきました。

皆さん、DIYショーに行って、この三条鍛冶集団が行う「包丁づくり」をしなかったら、大損ですよ!!!来年はぜひ参加しましょう。

※ 2年前までは、ここで火造りができました。あの材量を火床に入れて、コークスで真っ赤に焼いて、鎚でトンテンカン・トンテンカンたたく鍛冶屋の作業ができていたのです。ところが、昨年から消防法の関係とかで、この場所では一切火を使ってはならないことになったのです。DIYの企画で火を使ってはならないとは何事か!怒り心頭です。この場所は火を扱うプロの鍛冶集団が行うのですから、間違いが起こりようのない場所です。素人の私が見てもそう思う場所です。具体的な状況を分析できないトップの人間集団・およびもの作りのなんたるかが分かっていない人間集団が支配すると、このような馬鹿げた状況が生み出されてしまいます。これはもの作りに対する冒涜ですらあると思います。来年からは、必要な防火対策をした上で、火造りから包丁作りができるよう、会場関係者に強く要望します。






コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://wood099.blog87.fc2.com/tb.php/358-d1826dde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)