FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



踏み台昇降運動用踏み台

千葉県松戸市のY様から、踏み台昇降運動用の踏み台の注文をいただきました。本日完成いたしました。

017 完成1 


高さ190 横幅415 奥行き 280 の大きさです。
お客様から、「あまり高くすると負荷が大きすぎてやらなくなる」ということでしたので、この高さにしました。「重くしないで、持ち運びが楽なように手をかける所を付けてほしい」という注文もありましたので、材量は18ミリ厚パイン集成材を使いました。


018 完成2 

天板には滑り止めにルーターコンパスを使って、4つの円を彫りました。3重円と4重円にしたのは、足裏刺激の質を変えるためです。台の置き方を変えれば、足裏に当たる円の刺激が変わるので、変化があって面白いと思ったのです。はたしてこれは功を奏するかどうか、お客様に使っていただかないと分かりません。

以下は製作経過です。

001 カット材料 

カットしたパーツを仮置きしました。各部の寸法に問題がないかチェックしました。



002 pokextuto 

ポケットホールジグを使って板に斜めのネジ穴を開けています。

表から見えない部分には有効な方法です。



003 ポケット2 

右の黒いレバーを下げてこの位置にすると、板の左側のプレッサーが板を抑えて動かなくする機構になっています。

このようにすべての板にネジ穴を開けました。

004 ホール完了



007 ネジ締め

斜めからネジを打つので、板が動きます。そこでクランプで押さえておきます。



023 裏側 

裏側はこのようになります。見た目は良くありません。

015 木地完成 

木地完成状態です。

016 半分塗り 

右側はキヌカオイルを塗った状態です。

021 ラスト 

オイル塗り完了です。

お客様からいただく使用レポートが楽しみです。


  







コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://wood099.blog87.fc2.com/tb.php/352-6a5832f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)