FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



彫刻刀を研ぐ

2018年7月24日(火)彫刻刀研ぎ講習会


今日は、彫刻刀の研ぎの講習会を行いました。昨日電話で依頼が

あり、たまたま今日は空いていたのでお受けしました。5年ほど

彫刻をやっているご婦人で、本格的に彫刻刀の研ぎを習いたいと

いうことでした。

そこで今日は、①刃物について(地金と鋼 刃物の種類 片刃と両刃)

②砥石の種類(荒砥 中砥 仕上砥 ダイヤモンド砥石 )

③ 切れる刃物と切れない刃物はどこが違うか

について30分ほどお話しした後で、研ぎの実習に入りました。

彫刻刀も刃物の一種類ですから、刃物について基本的なことを

知っておくことが重要だと思います。闇雲に研げばいいという

ものではありません。研ぐ前の状態で木を削り、研いだ後の

状態で木を削り、前より切れるようになったかどうかを確認して

実技を行いました。刃表の部分にマジツクを塗り、少し研いでみて

どの部分が砥石に当たっているかを確認しながら進めました。

研いだ刃物の刃先を、3倍のルーペで見て、切れ刃の状態をチェック

しました。ご本人は、だいぶ研ぎのイメージが膨らんだようです。

※ 当工房では、これに準じた、「包丁研ぎ講習会」も行っています。

P7240045 テーブル全体 

P7240058 セット高級品 

P7240059都議実習 

P7240060 試削りいた 

P7240069 都議官僚 

P7240070 電動