FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



地機 2  糸かけ

糸かけ のやりかた

① 付属のクランプを70センチ離してテーブル等に固定します。     

② 色違いの毛糸二本を片方のクランプに結びつけます。
  毛糸の玉はレジ袋に入れて口を結んで床におきます。
  こうすると、毛糸がスムーズに出てきます。

③ この毛糸を二本のクランプに巻きつけます。
  13回巻きつけると片側で26本の糸ができます。
  ※ きつく巻かずに、外れない程度にゆったり巻いてください。


023  糸掛け 1 

④ 巻き終わったら片方をハサミで切ります。

024 はさみ

⑤ すべての糸の真ん中にループを作ります。
   ループの大きさは、角棒が通ればOKです。

026 ループ

⑥ ループができたら色別にしておきます。

029 色別に 


⑦ ループを作った糸を色違いに、角棒に通します。
 
031 角棒へ 

⑧ ソウコウ に糸を互い違いに通します。

035 ソウコウへ 

・ソウコウ をクランプではさんで、このようにたてます。
・穴と隙間に色違いになるように順番に通します。
・付属の竹串を使って通してください。

下の写真のように通し方はいろいろあります。
ご自分のやりやすい方法で行ってください。

054 通し1 

055 通し2 

⑨ 縦糸を6つに分割して軽く結びます。
糸は全部で51本ありますので、8本~9本を分散し振り分けます。

060 振り分け


058 仮結び 

※ ループを通した角棒には、付属の短い紐を、
  布がついた角棒には長い紐を結びつけてください。

⑩ 6分割した縦糸を角棒につけた布に結びます。

061 結び 1 

上の写真のように 端を結びつけます。

次に反対の端を結びます。両方の長さを同じにしてください。
このとき張り具合が同じようになるように調整してください。

063 結び2 

同じようにして残りの糸を結びつけます。

066 結び位アップ 

これで完成です。すべての縦糸が同じテンションになるように調整してください。
腰を引いて糸をぴんと張るのがこつです。

070 結び完成 

これで縦糸を張る作業が終了しました。つぎは織り方の説明をいたします。
次回をお楽しみに。











コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://wood099.blog87.fc2.com/tb.php/345-c952c110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)