DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



おしどりマコ・ケン講演会

2018年1月27日(日)「おしどりマコ・ケン講演会」



今日は、埼玉県の鳩ケ谷駅市民センターで行われた「おしどりマコ・

ケンが語る 福島原発のいま」という講演会に参加しました。私も

メンバーになっている、「自然エネルギーを考える川口市民の会」の

主催でした。会場は満席で、臨時の椅子を運び込んでどうにか座れる

状態でした。マスメディアが報じない原発の今を、徹底した取材をも

とに報告してくれました。いまだに甲状腺癌の患者の数を公表しない

医療機関の隠蔽体質や、放射線管理区域よりも線量が高い場所で農業を

やっている人の被曝の問題、ローマ方法に原発事故の手紙を届けたこと、

そして法皇から返事が来たことも語られました。海外の学校でもたびたび

講演し、生徒から質問攻めにあったことも報告されました。急ごしらえで

作ったフランジタンク(汚染水を入れるタンクの継ぎ目を溶接ではなく、

ゴムパッキンを挟んでボルトで組み立てたタンク)が使えなくなり、

それを解体する作業の最後の段階の水抜きに、タンク内に入り、モップで

水をふき取る作業があり、これが大量の被曝をもたらすという報告は

ショックでした。(私が行っている原発の出前授業で使っている汚染水

タンクの模型も最後に入れておきました。)そのほか、3.11から今日に

至るまでの原発事故の様々な問題を具体的でわかりやすく説明してくれ

ました。大変感動的な講演会でした。

img025 ビラブログ用表 


P1280122 マキタ司会とおしどり 


P1280147 二人いい顔 




P1280154 お子さまキャンペーン 


P1280173 セシウムグラフ 


P1280271 ローマ法王 


P1280299 フランジタンク 


P1280020 タンク模型