FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



鎖づくりの材料完成

 昨日の続きで、鎖づくりの材料の加工をルーターテーブルで行いました。怪我も無く、伏兵に悩ませられることなく、無事に完成し、本日夕方納品完了しました。納品が終わると、本当にホッとします。

037 ③本完成 

ストッパーはこのようにクランプでしっかり押さえる必要があります。バネクランプでとめていると加工中にずれる場合があります。
もう一つは、このように斜めにカットしておくと、切りくずで寸法精度が悪くなることが防げます。
039 ストッパー 

精度を求められる加工には、テストピースを使ってテストカットを行い、正確な削り量をチェックします。ビットの高さと、フェンスの位置を測定しただけでは不十分な場合があります。
少ない削り量からだんだん大きくしていく場合は、右のように普通の木を使います。
すでにビットの高さが高くなって削り量が大きくなっているときには、普通の木を当てることはできません。そこで、左側のようにバルサ材を使います。バルサ材は柔らかいので、いきなりこれだけの削りをしても大丈夫です。これもUコン飛行機製作時の端材です。

041 テストピース2個


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://wood099.blog87.fc2.com/tb.php/320-d9b3316d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)