FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



これで何を作るのでしょうか?

 今日は午後から、このような物を作りました。越谷のK様からの注文です。材料はブビンガです。 さて、K様はこれを使って何を作るのでしょうか?最初の話をお聞きしたときには、私にもわかりませんでした。

004 完成5本 

これを作るには、下のような角材が必要になります。

003 角材 

厚さ50ミリのブビンガの板材をテーブルソーで棒状にカットし、手押しカンナ盤(ジョインター)で直角を出し、自動カンナをかけて寸法を整えます。ブビンガは固く粘りがあるので加工は大変です。

001 角度変えて 

この十字形の加工は、テーブルソーのフェンスとノコ刃のセッテイングをシビアーに行えばできます。しかし、ファイナルカットは、フェンスと、テーブルトップに接触する部分が少なくなり、切断中に転んでしまう危険性があります。もしそうなると、高速で回転しているノコ刃に材が引っ掛かり、猛烈な勢いで作業者の方へ飛んできます。これを避けるために、転びどめを作り、下の写真のようにして加工します。勿論、材の送りは手ではなく、プッシュスティックを使います。

018 最後のカット 

さて、K様からは次なる注文が追加されました。下の図面を見てください。

011 図面 

両端を残して加工して欲しいというのです。これは、テーブルソーではできないので、ルーターテーブルの出番になります。

006 スタート 

フェンスの両端にストッパーつけます。これで材の切削範囲が決まります。材を右のストッパーあてがって、静かにフェンスに押しつけます。そして・・・・・・

007 ストップ 

材を左端まで送ります。この作業を繰り返して、所定の寸法に仕上げます。刃の高さを徐々に上げ、フェンスの位置を少しずつ移動して行けばできるはずなのですが、はじめての加工なので、どこに伏兵が潜んでいるか心配です。

010 途中ですが 

これはまだ加工の途中です。今日はここまでしかできませんでした。

K様へ。水曜日の5時には完成しているはずなので、携帯で確認後おいでください。

さて、ここでようやく答がでます。





これです。

017 鎖 

鎖を作るのだそうです。私はやったことがないので、詳細については分かりませんが、いずれにしろ根気のいる手加工になるはずです。

K様、完成したらぜひ写真を送ってください。


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://wood099.blog87.fc2.com/tb.php/318-9f1eaa3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)