DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



産業考古学会フィールドワーク

2017年5月20日(土)産業考古学会フィールドワーク

昨日は、産業考古学会のフィールドワークで、JAさいかつ

潮止支店にある、田中四一郎村長象を見学しました。

P5190009 村長象 

このフィールドワークのガイドを務めるのは、

元八潮市資料館の館長だった遠藤忠先生です。

P5190006 遠藤先生 


八潮市史の編纂に力を注いだ方なので、八潮の生き字引

と言っても過言ではありません。遠藤先生は、資料館の

館長になる前は、潮止小学校(旧八潮第二小学校)

に勤務されていました。このころの私は20代で、

八潮第一小学校(現在の八條小学校)に勤務していました。

遠藤先生と社会科の研究会を行っていたこともあり、

いろいろご指導を仰いでいました。

産業考古学会の先生方が見ているのは、潮止小学校の

校門です。なぜこれが見学コースに入っているかというと、

煉瓦を見るためです。

P5190040 校門に集まる考古学会の先生たち 


P5190026 二小校門 

P5190039 門の煉瓦 

この煉瓦は、かつて八潮で操業していた「日本煉瓦製造」

で作られた物なのです。煉瓦について調べると八潮の歴史

が良くわかるようです。

これは二宮金次郎の銅像です。ピカピカですが、戦前からの

物だそうです。

P5190032 二宮金次郎

※ この次に行ったところは、消しゴムの「イワコー」

さんです。次回に報告します。