DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



オンカロ

 2017年5月15日(月)オンカロ




夜の語り場オンカロ視察報告縮小した 

P5150024 田中さん

P5150025 オルキルオト原発 

P5150038 会場全体


今夜の「スパイダーネットやしお~」主催の田中慶一さんの

オンカロとオルキルオト原発視察のお話は、大変興味深いもの

がありました。オンカロの内部に入ることはセキュリティー

の問題でできなかったそうですが、入り口付近の写真は見る

ことができました。オンカロの構造は「10万年後の安全」という

DVDが出ているので、こちらを見れば理解できます。

田中さんのお話で一番印象に残ったことは以下のことです。

「ロシアから独立を勝ち取ったフィンランドの人達は、独立心

が強く、エネルギーを他国に頼ることなく自分たちで作りだす

ために原発を選んだ。」ということです。アメリカに従属

するために原発を導入した日本と根本的に異なっていました。

もう一つは、自分達の原発から出る死の灰(使用済み核燃料)を

自国で10万年間人間から隔離し保管するためにオンカロを造った

ことです。原発は「トイレ無きマンション」と言われますが、

フィンランドは地下400メートルにオンカロという原発のトイレ

を造り、使用済み燃料が放射線を出さなくなる10万年後まで

責任を負ったのです。実際問題として10万年後がどうなって

いるか誰にもわかりません。しかし、学ぶべきことは、そこま

で責任を持って原発をやることを決めたフィンランドの人達の

国民的合意形成の取り組みです。

田中さんのお話を聞いて、ますますオンカロに行きたくなりま

した。そして、現地の人から直接お話を聞きたいと思いました。

それだけでなく、私は福島の現実を直接お話したいという

気持ちが強くなってきました。