DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



キックバック恐るべし

2017年4月8日(土)キックバック恐るべし


① 厚さ5ミリの板をたくさん切出していました。

P4060015プレート多数


② テーブルソーのセッティングはこのようにしました。
  (キックバックが起きると矢印の方向に飛びます)

P4060014 アップ



③ 全景はこうなります。

P4060011 全体風景


④ キックバックが起こり、薄板がアコーディンカーテンに

  突き刺さりました。

P4060013 突き刺さる

⑤ そこで、木の板を置いて板の切出しを続けました。何回か

  キックバックが起こり、このような傷跡がつきました。

P4060009 キックバック跡 


⑥ まとめ

このような状態では、キックバックが起きることがわかって

いたので、体は横にずらして切っていました。

キックバックが起きても、アコーディンカーテンに当たって

ポトンと落ちるだろうと思っていたのですが、予想以上に強く

当たっていました。

薄板の重さは40グラムですが、木に傷をつける威力があります

から、まともに顔にでも当たったら大変です。

改めてキックバックの危険性を認識しました。