DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



旧潮止揚水機場の解体状況報告

2017年2月13日(月)旧潮止揚水機場の解体状況報告



2月13日(月)午後3時10分現在の写真をアップしました。

今日は、写真撮影の前に、市役所の都市農業課に行ってきました。

解体後の計画をお聞きしましたが、これまでこの場に書いてきたことと

ほぼ同じ内容でした。新しい情報は以下の通りです。

「当初市の計画では、ポンプも取り外す予定でしたが、産業考古学会

の学者の方から、現状にあることが大切と言う指摘を受けて取り外さ

ないことにしました。」

最終的に史跡公園にする時点でどうするかは今後の計画による

ようです。

私の要望は、①雨露を避けるための仮小屋をつけてほしい。

②史跡公園用の本格的なものでなくて良いから、すぐにこの場所が

重要なポンプ場であったことがわかる看板を作っていただきたい。

これでは、単なる解体現場でしかないので。

※担当の方から、今日から単管パイプにシートをつけて覆いをする

工事が始まったとお聞きしたので、早速撮影に行ってきました。

現場は工事の途中で、まだポンプが見える状態でした。今日中に

ポンプ部分もカバーされてしまうので、明日からはポンプが見えない

状態になると思います。

モーターはどうなるのかは、わかりません。


P2130004 全体の様子 


P2130003 シート取り付け中 


P2130008 ポンプ2台 


P2130015 モーターカバー