DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



I特派員報告200回記念号

2016年12月17日(土)

I特派員報告200回記念号



私の友人I氏からのレポートです。原発をゼロにするまで

この抗議行動を続けるというという生き方に共感していま

す。私の「発電の仕組みと原発事故」の出前授業も、

世界中の原発をゼロにするという大きな目標を抱いて

行っています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


毎週金曜日、首都圏反原発連合が主催する国会前&首相官邸前の



抗議行動が行われています。3.11大震災と福島原発事故から



1年後の2012年3月から始まったこの行動は、今日16日で226回。



 

私が初めてこれに参加したのはその年の629日でした。



国内のすべての原発が停止している中、時の野田首相が福井県の



大飯原発を再稼働しようとしたことに抗議して、1万人以上が



集まった日です。

以来、ほぼ毎回通って今日が私にとっての200回目になりました。



家からちょうど1時間かけて、現在の電車賃は往復820円。



折しも今日はこの秋以降、もっとも寒い日となり、冷たい北風が



吹き抜ける中での抗議となりました。



歩道の銀杏並木もすっかり葉を落とし、裸になっています。



その景色をこの場所で眺めるのも、6回目となりました。


 

あれから、ドイツは脱原発を決め、最近ではベトナムも日本の



技術提供による原発建設を中止しました。



核燃サイクルでもアメリカ・イギリス・ドイツはすでに撤退し、



フランスも停滞しています。



福島第一原発の廃炉費用は途方もなく膨らみ、この先どうなるか



全く不明です。それなのに、この国では、次々と原発が再稼働され



ようとしています。


 

目先の利益だけで原発を動かし、次の世代に負の遺産を遺すことは



絶対に認められません!



この先、300回・400回をここで迎えるのは御免ですが、



原発ゼロが実現するまで、私はあきらめずここに通い続けます!





20161216_1.jpg 



写真2:官邸前歩道の銀杏並木、今日の様子。

 

 20161216_2.jpg


写真3:同じ銀杏の先々週の様子。



20161216_3.jpg