DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



電動管巻機完成

2016年11月26日(土)電動管巻機完成



① 機織りをするときに、緯糸を入れるためにシャトル(杼)を使い

ます。中の小管に糸を巻き付けます。


PB250052 シャトル管 



② 小管を巻く道具を管巻機と言います。これは手動です。

数多く巻くと手がつかれます。妻から半年も前に、電動の管巻機を

作って欲しいという依頼がありました。いろいろ構想を練って

いたのですが、昨日一気に製作にかかりました。




PB260009手動管巻機 



③ これが試作品です。まず小管に糸を巻き付けます。


PB250035 最初に巻きつけ 


④ スイッチを押すと糸が巻かれて行きます。左手を左右に動か

して、糸が均等に巻かれるようにします。



PB250038 スイッチオンで 


⑤ 巻き終わりました。あっという間でした。

使ってみて問題点は無かったそうです。

PB250048 終了 


⑥ そこで、今日はこれを3台商品化しました。モーターの

配線部分に手が触れないようにカバーを付けました。

下の配線部分は見えないように箱にしました。


PB260003 商品化 


⑥ 裏側にはクッションを貼り付けてあります。


PB260004 裏側クッション 


⑦ 3台完成しました。

PB260005 3台完成 


※ 市販の電動管巻機は、AC100Vでモーターを回し、フット

スイッチがついていて頑丈にできています。値段は19200円

しています。私は今回作った物を4000円で販売します。


仕様はこうなります。

・RE280モーターを単3電池2本で駆動します。直列3V

にすると回転が速すぎるので、並列1.5Vで使います。

・本体はパイン集成材15ミリ厚を用い、クリアー塗装をして

あります。

・横 150mm (小管取り付け部分が85mm外に出ます)

幅 80mm 高さ 75mm  重量 325g

・モーター 電池ホルダー プッシュスイッチは秋月電子で

調達しました。