FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



常総市へ支援物資

2016年4月17日(日)常総市へ支援物資を届ける



 今日は「被災地と埼玉をつなぐ会」の企画で、常総市へ支援物資を

届けに行ってきました。いつものように、キャンピングカーとハイエース

に物資を満載して、常総市の集会所に向かいました。今回は、

民間の「吉野サポートセンター」が毎月行っている物資の提供イベントに

合流して行いました。衣類、食器、家庭用品、家電製品、家具などが

所狭しと並べられました。大型家具や、電子レンジ、テレビなどは

抽選でお引き取りいただきました。一瞬にして家を流されたり、水浸しに

された人々は、今でも生活に必要な物資を求めているのです。

行政の支援が行き届いていない部分がたくさんあるようです。

P4170619 食器類 


P4170628 ベッドも 

帰る途中で、決壊した堤防の場所を確認してきました。

現在は復旧工事の最中です。テレビの映像で観ていた印象より、

実際は広い範囲が決壊したことがわかりました。何事も、自分の脚で

現地に立つことの重要性を感じました。ともすると、テレビの映像で

わかったような気になってしまうのですが、これは戒めなければ

いけないと思いました。熊本地震の被災者の方々はどのような

思いで避難生活をしているのかに、思いをはせながら家に戻りました。


P4170649 堤防右 


P4170650 堤防左 

こちらは一軒だけ流されずに残った白い家です。

P4170653 白い家ブログ用ですです。