DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



歌声喫茶

2016年12月4日(月)歌声喫茶ともしび

今日の話題は、若い人には分からないかもしれません。

昔話になります。

昨日は、1日中工房で襖の張り替えをやっていたので、何か曲を

聴こうとCDラックを探したところ、十数年前に購入した、

「歌声喫茶」ともしびのCDセットが出てきました。


P1030033.jpg 



「そうだ、もしかして当時の歌集があるかもしれない!」と思い、

本箱を探したら、埃にまみれた歌集が出てきました。

薄い小さな分冊の歌集を自分で合本にしたのも有りました。



歌集


1970年前後の物です。今から40年以上前、私が20歳の

前後のころ使っていたものです。当時は歌声喫茶に良く通っ

ていました。

襖を6枚張り替える間、全8巻のCDを全部聞いてしまいました。

当時は自分が歌うことが中心でしたが、今聞いてみると

「ともしび」の女性コーラスの人達のハーモニーがとても

素晴らしく、レベルが高かったことが分かりました。

もう一つ気が付いたことがありました。いろいろな曲の歌詞の中に

「若者」とか「若い」という言葉がたくさん出てくるのですが、

当時は自分と同じ若者の事だと自然に思いながら歌っていました。

しかし、昨日聞いていた私は67歳の高齢者になっていました。

曲を聴きながら、若い時の気分に浸っていましたが、同時に

自分の年齢を自覚する襖貼の1日でした。