DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



刃物研ぎの機材

2015年12月28日(月)刃物研ぎの機材




工房にある、刃物研ぎに関する機材と使用法を紹介します。


① 刃物研ぎ用低速回転グラインダー

PC270041 グラ 



② テープを貼った部分が1ミリほど研ぎ減った包丁です。



PB210008 隙間



③ グラインダーで減っていない箇所を削ります。



PB210013 グラインダー加工


④ 削った後は刃先部分で1.49ミリの厚さになりました。


PB210015 刃の厚み 


⑤ 刃先をグラインダーで荒砥ぎした状態です。


PB210017 荒刃完了 


⑥ ベルトサンダーを使う場合もあります。

PC270042 ベルト 


⑦ 左にあるのが水平に回転する電動砥石で、中砥をセットしています。

水を流しながら研ぐので刃物の発熱を抑えています。

右側は、手研ぎ用の砥石で、主に仕上げ砥を使います。



PC270044 水平回転砥石 


⑧ 市販のプラ箱を利用して作った研ぎ船です。大きな刃物を研ぐ

時や、複数の刃物を手研ぎする場合は、作業台の上に研ぎ船を置いて

行います。



PC270023 研ぎ船 


⑨ 仕上げ砥石までかけた先ほどの包丁です。刃先以外の部分に

グラインダーの跡が残っていますが、これを完全に消すまで研ぐ

のは時間がかかるので、この状態で使っていただき、切れ味が落ちて

再度研ぐときに、数回にわたって徐々に傷を落として行く方が

実用上合理的です。見た目は良くないですが・・・・・。



PC270037 整形研ぎ完了