DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



パナマ運河体験クルーズ

2015年10月18日(日)パナマ運河体験クルーズ




今日は、「パナマ運河体験クルーズ」に行ってきました。






と、言いたいところですが、正確には『下町のパナマ運河体験クルーズ』

です。「人間の歴史の授業を創る会」主催のフィールドに参加しました。

PA180574 ツリー一般 

スカイツリー「ソラマチ広場口」より徒歩1分の

「おしなり公園船着き場」から、「金魚船」に乗り「横十間川」を進み、

右折して小名木川に入ったところに、「扇橋閘門」があります。

船はこの閘門の中に入って停泊し、高低差2mの「水のエレベーター」

を体験しました。



PA180584 看板 

PA180583 船着き場


この写真の左隅に小さく青信号が見えます。「後ろ扉」が上がった

状態なので船は閘門の中に入ります。



PA180626 青信号後ろ扉 

船が閘門の中に入ると、「後扉」を降ろします。

写真にある「前扉」の向こう側の数位が高いので、同じ高さになるまで

閘門に水を入れて船を上昇させます。水位が同じになった段階で

「前扉」を開けて船が通れるようになります。

これはパナマ運河の方式と同じだそうです。

実際に体験して閘門の仕組みが良くわかりました。 



PA180631 前扉1 


PA180636 前扉2 

PA180644 前扉3オープン 

昔の江戸は、「水の都」で、川や堀、運河が縦横に張り巡らされて

舟運が盛んでした。今日は80分の船旅でしたが、当時を偲ぶことが


できてよい勉強になりました。

川岸にはハゼ釣りをする家族連れが多く見られました。

シラサギや、アオサギ、川鵜も目にすることができました。

江戸時代には、今よりはるかに多くの鳥たちが川面を訪れていたはずです。

カヌー隊にも出会いました。

PA180615 釣り人 


 
PA180678 シラサギ 


PA180684 川鵜 



PA180618 カヌー1

PA180620 カヌー2





船旅の終わりは「逆さツリー」写真に納めました。残念ながら風で

水面が揺れていたので、ツリーは水に映っていません。明鏡止水の

状態でないと「逆さツリー」の写真は撮れません。


PA180692 逆さスカイツリー