DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



出前授業

2015年3月14日(土)板橋第4小学校で出前授業



3月12日の木曜日に、板橋区立板橋第4小学校で、6年生2クラスに、

二時間続きで「発電の仕組みと原発事故・放射線から身を守るには」

という授業をやらせていただきました。

今の6年生は、3.11を2年生の時に経験しています。地震の記憶は

しっかりしていますが、原発事故についてはそれほど明確なこと

を覚えてはいません。

4年前のこの日(3月12日)の午後3時56分に、福島第一原子力発電所の

1号機が爆発しました。子どもたちには、ここから話を始めました。


① 教卓の上に教具一式を並べた状態です。

黒板には、ウラン鉱石の採掘現場から、原発の構造、放射能汚染水

の流出までのパネルを貼りつけてあります。

P3120032教具全体


② 各班ごとに、体験用の人力発電機、風力発電機、水力発電機

が置かれている状態です。このように準備してあるところに

子どもたちがやってきます。


P3120045机上の教具


③ 今日の授業の流れを説明しているところです。

P3120057教室全体 


 ④ 3種類の発電機を回して、コイルと磁石で電機は簡単に起こせる

ということを体験しているところです。

P3120058 風力説明 


P3120089笑顔 


⑤ 火力発電の説明をしているところです。

P3120094火力1 

⑥ 火力発電所の運転状態です。蒸気がタービンを回し、発電機が

回転して、街並みにLEDが点灯した状態です。

P3120095発電中 


⑦ 原子力発電所の説明に使う教具です。

P3120035原発1 


P3120036原発2 


⑧ 「防護服」では、放射線を防ぐことはできないという教具です。

椅子の上には、放射性物質(セシウム・ヨウ素・ストロンチウム等)

から、アルファー線、ガンマー腺、ベーター線が出ている様子を

視覚化した教具と、厚紙、アルミ板、鉛の板が置かれています。

ガンマー線を防ぐには、鉛の板が必要なので、このような防護服

では、被曝を防ぐことができないと説明します。


P3120054防護服 


「発電の仕組みと原発事故・放射線から身を守るには」の授業は

理想的には3時間必要です。しかし、出前授業では2時間が限度なので、

駆け足になってしまい、毎回言い残す部分が出てしまいます。

このことが課題になっています。