FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



運送用の箱

 昨日と今日の本箱づくりの合間をぬって、このような箱を作りました。さて、何を入れるのでしょうか。厚さ9.5ミリの合板で作りました。632×472×170の大きさです。

004箱 
これを入れて宅急便で送るための箱なのです。
005全体 
「人間の歴史教材教具博物館」で紹介した、蒸気機関で動く工場模型です。鎌倉の中学校の先生から、送ってほしいとの要望がありました。段ボールの箱を探したのですが、これだけの大きさをカバーする物が見当たりません。そこで作ることにしたのです。以前段ボール箱に入れて送ったところ、輸送中に壊れていたことがあったので、そうならないためにも、木箱が良いと思いました。
006横 
左にある黒いのがボイラーです。中央がエンジンです。エンジンの回転は上のアルミ製のプーリーに輪ゴムで伝えられ、メインシャフトが回転します。そこからベルトを介して各種の工作機械が一斉に動くようになっています。
008エンジン 
エンジン部分のアップです。
009箱入れ 
このように箱の中におさまります。問題は輸送中に動いて壊れないように固定しなければなりません。どういう固定方法にするか5通りぐらい考えましたが、これに落ち着きました。
010穴 
箱に5ミリの穴をあけます。
012押さえ 
抑え板を付けて、4ミリのネジに蝶ナットを付けて固定します。
013上から全体 
このように4か所で上から押さえつけています。
014荷姿 
そして蓋をかぶせ、ガムテープで周りを抑え、ひもを掛けて発送です。明日には鎌倉に到着しているはずです。送料は1480円でした。




コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://wood099.blog87.fc2.com/tb.php/212-0a8d8dd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)