DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



2014年12月15日(月)「大軍都・東京を歩く」




軍都表紙

黒田涼 著 朝日新書を、昨日購入しました。黒田さんとは、何回も、

「江戸城天守を再建する会」の企画で行われている「江戸歩き」で

ご一緒しています。現地に立ち、そこで聞く説明はとてもわかりやすい

ので、大変勉強になります。今回の本は、軍都という視点から

東京を紹介する、ユニークなものです。

黒田さんは、「はじめに」の中で次のように書いています。

「・・・辞書には『軍都』とは『軍の施設の多い都市』とあります。

そのような定義からすると、実は、かつての東京は軍都中の軍都、

大軍都でした。明治時代から大正、昭和20年(1945年)までの

ことです。私がそのことに気がついたのは、これまで行ってきた

江戸歩きの結果でした。現代東京に残され江戸の遺構や痕跡、

歴史を紹介する『江戸歩き案内人』を称する私は、1年中、東京の

街を歩き回っています。そんな中で最初に”軍”の存在に目が向いた


のが江戸城内の北の丸公園でした。・・・・」

まだパラパラと見ただけですが、魅力的な内容だということは

わかります。目次をコピーさせていただいたので、どうぞ参考に

してください。おすすめの1冊です。

東京を二度と「軍都」にしてはいけない。東京を平和都市として

将来に残したい。平和のシンボルとしての江戸城天守を再建したい

という思いが募りました。

目次1 

目次2 

目次3