FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



テーブルソー 1

 
023全体1 

工房で一番使用頻度の高い機械が、この10インチテーブルソーです。3年前に下記から購入しました。

(有)M&H TRADING
          リブロスデルムンド
    〒362-080
     埼玉県北足立郡伊奈町小室7050-1         http://www.delta-mokkoukikai.com/index.htm
     Tel: 048-722-3781, Fax: 048-722-3786
     E-mail: cxh01611@nifty.ne.jp
          又は、m_hasegawa@delta-mokkoukikai.com  

左側に付属したスライデイングテーブルは、後日買い足したものです。

024スイッチ 

購入時のスイッチはこのような状態でしたが、次のように手を加えました。

025カバー 

丸い穴の中に指を入れないとONになりません。赤い板を押すとOFFになります。ちょうど左足の太腿の位置にあるので、両手がふさがっているときには、太腿でOFFにします。これにより、操作性と安全性が飛躍的に向上しました。構造は木工旋盤「LM1000」のスイッチと同じです。

027サイドから 

スライデイングテーブル側から見たところです。集塵ホースはここに接続します。

013延長なし 

前面の切り欠きのある板は、延長テーブルです。ピアノ蝶番で本体のテーブルに固定してあります。

014延長あり

これが延長テーブルをセットした状態です。市販の延長テーブルは様々な機構のものがありますが、これほど単純な物は見当たりません。二本の棒で支えているだけです。この棒は取り外し式になっています。

016クロス 

3×6の18ミリ厚の合板をクロスカットしているところです。

017カット済み 

カットが完了しました。

020上からサイド引く 

スライデイングテーブルを手前にいっぱい引いた状態です。これで3×6のクロスカットができるポジションになります。

021上からサイドオス 

スライデイングテーブルをいっぱいに押した状態です。可動範囲が大きいので非常に有効な機材です。



コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://wood099.blog87.fc2.com/tb.php/195-24b444e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)