DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



人類は原発をどうするのか?

2014年4月13日(日)
対論!人類は原発をどうするのか?

昨日、立教大学で行われた、市民シンポジウムに行ってきました。


小出裕章さんと、森中定治さん(日本生物地理学会会長)が、

「人類は原発をどうするのか?」を巡って対論をするという企画

でした。森中さんは、ウランを使わない「トリウム原発」の推進者

で、この原発でプルトニウムを無くすことができるという考えです。

小出さんはトリウム原発にも反対であるという考えです。

コメンテーターには次の方々が登壇されました。

・後藤 政志(原子力市民委員会委員)

・飯野 謙次(失敗学会副会長)

・秋本 真利(自由民主党衆議院議員)

・小山 芳郎(元NHKプロヂューサー)

・木下 幹康(東京大学 TTS)

・鈴木達次郎(前原子力委員会委員長代理)

・須長 昌博(スウェーデン社会研究所所長)

・山脇 直司(東京大学名誉教授)

・吉岡 律夫(「トリウム溶融塩国際フォーラム」)

・加藤 登紀子(歌手)

今回のシンポジウムは、原発を推進する人と反対する人が

対論することでした。これまで、このようなシンポジウムはほとんど

行われてこなかったので、大変参考になりました。

スライド1 


小出裕章さん

スライド2 


森中定治さん

スライド3 



加藤登紀子さん
スライド4