FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



木工旋盤 LM1000 コーナー


木工旋盤を置いているコーナーです。壁面にこのように道具を収納しています。
015壁面
 

ここに木工旋盤 LM1000 を置くとこうなります。

029旋盤セット 

金属製の台が付属していましたが、このように箱型の台を作り収納スペースに利用しています。
キャスターを付けて移動式にしています。台の材料は28ミリ厚の合板です。すべてビス止めで接着剤は使っていません。

032スイッチ 

スイッチはこのように改良しました。赤い板の窓に指を入れてONで、赤い板のどこを押しても
OFF になるようにしています。これにより使い勝手が格段に上がりました。

035スイッチ上から 

OFFスイッチの構造は簡単で、蝶番でつないだ二枚の板だけです。

003変則機構静止斜め 

カバーをはずして変速機構が見えるようにしました。インバータ制御ではなく、このような機械式制御です。
004静止ベルト位置 
ベルトはこのようになっています。
025スロー回転 

低速回転の状態です。

026ハイスピード 
高速回転の状態です。
027\から 
このような状態で変速機構が働いています。 
※ 撮影のためにカバーを外しましたが、使用時にはカバーを付けています。
 
3年前に購入したものですが、故障もなくよく活躍しています。家具の脚を作る目的で長いものが
加工できることから、これを選びました。3年前は木工旋盤を使ったことがなかったので、情報源は、「オフコーポレイション」しかありませんでした。値段が安く長いものができるという理由で購入しましたが、総合的に見て、私は合格点を出しています 。
「夢工房」http://www.yumekoubou.gotohp.com/framepage1
では、「VL300]を使わしていただいていますが、もちろん性能はこちらの方が数段上です。しかし、基本的なコンセプトや価格が全然違いますから、比較することはできません。



コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://wood099.blog87.fc2.com/tb.php/185-b98a3294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)