FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



反原発集会

2014年3月10日(月)I特派員報告

「原発と安全保障を語る」孫崎享×飯田哲也対談



※ 1時間前にI特派員からレポートが届きましたので
 
   アップしました。

3月8日(土)、“「原発」都民投票の会”主催による
標記の催しに参加してきました。
孫崎・飯田両氏が同じ場で顔を合わせ、双方の話が聞ける
というのは、とても貴重な時間だと思います。
始めに、それぞれの基調講演があり、その後対談、という
流れで、時間的には必ずしも十分ではありませんでしたが、
非常に興味深く、しかも分かりやすい話でした。
飯田氏は、ドイツとの比較もしながら、日本の脱原発は
難しい課題だが、金曜日の官邸前行動をはじめとして
日本の各地で続けられている脱原発の運動が、重要な役割を
果たしている、今後も粘り強く様々な行動をして行くことが
必要だというまとめが出されました。
孫崎氏から、冒頭、日本社会の様々な問題の中でも最大の
ものは原発であるという指摘がありました。
そして、一人一人が今の生活を守りながらも、
何が出来るかギリギリのところを考えていくことが大事だ
という話が印象的でした。 
 

140308孫崎・飯田対談1 



140308孫崎・飯田対談2 





140308孫崎・飯田対談4 



140308孫崎・飯田対談5 


140308孫崎・飯田対談3

 
*************************


「0309 NO NUKES DAY 原発ゼロ★大統一行動」


大震災と福島原発事故から3年を迎える3月9日、
首都圏反原発連合などの主催で大行動が提起され、
3万を越える参加者がありました。
内容は
13:00~ 大集会(日比谷野外音楽堂)
14:00~ 巨大請願デモ/国会大包囲
15:30~17:00 国会前大集会
妻と二人で日比谷野音に着いたのは12:45。
会場は満員で入場出来ず、外に流される音声を聞くだけでしたが、
ゲストの坂本龍一さんが、震災後に作ったという曲を紹介して
いました。
国会前の大集会には、民主党・共産党・生活の党・社民党の
国会議員や、各地の原発地元で反対運動に携わっている人々、
海外からのメッセージも寄せ
られ、福島の事故を風化させない、
脱原発を実現するまであきらめないという熱い思いを
確かめ合う場となりました。


写真1:日比谷公園内に続々集まる会場に入れなかった人々

140309NoNukesDay1_野音の外

写真2:門扉の隙間から かいま見た野外音楽堂内の様子

140309NoNukesDay2_野音の中 


写真3:首相官邸前の道路を歩くデモ隊(奥)と
    官邸前抗議に集まった人々(手前)


140309NoNukesDay3_官邸前 



写真4:国会正門前の歩道を埋め尽くす集会参加者
 
140309NoNukesDay4_国会前 




写真5:日本共産党の志位・笠井・吉良各議員
 

140309NoNukesDay5_共産党議院




写真6:菅 元首相

140309NoNukesDay6_菅直人




写真7:社会民主党の福島議員

140309NoNukesDay7_福島瑞穂




写真8:愛媛から駆けつけた
   「伊方原発の再稼働を許さない女たちの会」の方
 

140309NoNukesDay8_愛媛から