FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



蓮池透さんの考え

2013年12月5日(木)秘密保護法案について

拉致被害者家族・蓮池透さんの考え
朝日新聞から転載
 拉致被害者の家族には政府機関から丁寧な状況説明がある、
と思う人がいるかもしれませんが、実際は違います。
捜査上や外交上の秘密を理由に、詳しい説明は家族でも受けられ
ませんでした。

 知りたいことがたくさんあります。2002年9月の小泉純一郎首相
の電撃訪朝はどう実現したのか。被害者8人の「死亡」を北朝鮮の
言うがままに受け入れてまで、なぜ日朝平壌宣言への署名を急い
だのか。家族として知る権利があるし、隣国との歴史の一幕を
正確に記録する意味でも説明が必要だと思います。

 特定秘密保護法は、こうした情報を永遠に封印してしまうかも
しれない。強い危惧を覚えます。一番心配するのは報道の萎縮です。
政府から情報が得られない中で、新聞やテレビの報道は、
家族にとって時に希望をつなぐ唯一無二の情報だったからです。

 日本社会そのものにも重大な影響をもたらすと思います。
拉致問題の発覚は、結果的に「北朝鮮たたき」の世論形成にも
つながりました。今はマスコミですら、北朝鮮との交渉や対話を
主張しにくい状況になっている。異論を言いにくい「萎縮社会」
の芽はすでにあるのです。

 拉致問題に取り組むには、人権問題に加え、国際情勢や日本と
朝鮮半島の歴史を幅広く理解し、意見を出し合うことが重要だと
考えるようになりました。法案は逆に、社会を一つの意見に誘導する
危険をはらんでいると思います。