FC2ブログ
DIY工房IZUMI
この工房では、あなたが作りたいものをお手伝いします。基本的な木工機械がすべてそろっています。さらに、アーク溶接機やプラズマ切断機もあります。木工と金工ができる工房です。

プロフィール

DIY工房IZUMI

Author:DIY工房IZUMI
中学校の社会科の教員を定年退職して、工房の活動を始めました。「体験を通して学ぶ人間の歴史」をテーマに授業をしてきましたので、「楽しいものづくり」の世界がたくさんあります。ここは「あなたが作りたいもの」を作る工房です。そのための機材が整っていますので、ぜひご利用ください。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク



メールフォーム

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



和鉄

2013年3月19日(火) 和鉄の仕事



今日は、しばらくぶりに、松田次泰刀匠宅を訪れ、和鉄の仕事を

してきました。手作りの鍛冶小屋は、風雪に耐え、火の粉を浴びて

風格が出てきました。内部には、黒板と棚が設置されていました。

全体小屋 

金床の周囲には、道具を置くのに都合が良い工夫が施されて

いました。



火床へ 

今日の仕事は、前回途中まで行っていた地鉄の仕上げを行い

ました。このように赤らめては叩きを繰り返して形を整えました。

字鉄たたく 


幅25ミリ、厚さ7ミリ、長さ380ミリの地鉄が出来ました。

川上地鉄 



次は玉鋼を鍛錬し、地鉄に鍛接する鋼を作る仕事になりました。

この作業は、お弟子さんの原さんが行うのを見学し、部分的に私が

向鎚を使いました。

① これが玉鋼です。日本刀剣保存協会の1級のAを使いました。

玉鋼1 

② 加熱して叩きを繰り返し、テコ棒に着きやすい形に成形します。

たたく 

③ 加熱してワイヤーブラシでスケールを飛ばしているところ

です。こうして不純物を取り除いておくと接着が容易になります。

スケールとばし1 

④ テコ棒も同じようにしてスケールを飛ばします。

テコ棒スケールとばし 



⑤ ホウシャをつけて、叩いて鍛接します。

たたいてつける 

⑥ テコ棒に鍛接された状態です。

鍛接完了 


⑦ 更にもうひと固まりの玉鋼を乗せて鍛接し、短冊状にします。

今日はここまでで終了しました。

乗せる 

⑧ 今日の作業内容をメモした黒板です。

kokubann.jpg

======================
レストランマツダ ランチメニュー

今回は、イカを中心にしたパスタと、生ハムのサラダです。

今日は久しぶりに暖かい日和になりましたので、東屋で食べました。

ランチ 

3時のおやつはトラヤの水ヨウカンです。

トラヤ 

毎回、おいしい料理をいただきながら、日本刀や和鉄談義に花が

咲きます。桜の花も、もうそろそろ咲きそうです。